ソニーから、ハイレゾ対応《グラスサウンドスピーカー》登場! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ソニーから、ハイレゾ対応《グラスサウンドスピーカー》登場!

ソニーの人気アイテム《グラスサウンドスピーカー》に新モデルが登場。優しい光とともに、円筒形の有機ガラスをトゥイーターとして、ハイレゾ音質まで楽しめる高音質を実現した。

キャンドルのような《グラスサウンドスピーカー LSPX-S2》。音と光で空間を満たす。
LEDの優しい光とともに、透き通るような音質のサウンドを響かせる《グラスサウンドスピーカー LSPX-S2》。まるでキャンドルのように見える上部円筒形の部分は有機ガラスのトゥイーターで、これがサウンドの要となる。トゥイーター全体から音を出す独自の音響技術が採用されているのだが、この技術が楽器の発音原理に近く、とてもリアルでクリアなサウンドを奏でるのだ。さらに、対応プレーヤーと連携すればワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しむことができる。
暮らしのさまざまなシーンに似合う《グラスサウンドスピーカー LSPX-S2》。
LEDの光は32段階、キャンドルライトモード(強・弱の2パターン)もある。スマホから操作が可能だ。
一体成型の筐体を持つことで、トゥイーターに触れることなく安全に持ち運びできる。
暮らしのさまざまなシーンに似合う《グラスサウンドスピーカー LSPX-S2》。
LEDの光は32段階、キャンドルライトモード(強・弱の2パターン)もある。スマホから操作が可能だ。
一体成型の筐体を持つことで、トゥイーターに触れることなく安全に持ち運びできる。
ガラスのトゥイーターは美しくシンプルで、空間に自然に溶け込みながらも静かな存在感を放つ。ワイヤレスだから食卓やベッドサイド、さまざまな空間に置いておきたくなる。重量は1,100gなので、気分に合わせて家の中を気軽に持ち運べるのも嬉しい。

《グラスサウンドスピーカー LSPX-S2》

2019年3月16日発売予定。市場推定価格:45,000円前後。バッテリー再生時間は約8時間。最大10台までの複数接続(Wi-Fi接続時)や Spotify Connectに対応している。