津軽こぎん刺しを知っていますか?|行くぜ、東北。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

津軽こぎん刺しを知っていますか?|行くぜ、東北。

本州最北の地、津軽地方で受け継がれる伝統工芸・こぎん刺し。寒さ厳しい地に生きる女性たちの知恵と愛情が生んだ「用の美」の魅力に迫ります。

藍染めの麻布に、白い木綿糸で織り目に沿って手刺しするこぎん刺し。現在は、用途によってウール地なども用いられる。
東北地方を代表する伝統工芸に、津軽地方(現在の青森県弘前市付近)に伝わるこぎん刺しがある。刺し子の一種だが、一般的な刺し子と違い、布地の横糸に沿って縦糸を数えながら刺していくのが特徴だ。多くの刺し子同様に、こぎん刺しも保温、補強のために刺されたのが始まりといわれている。津軽地方では農作業のときに着るひざ丈の野良着のことを「こぎぬ」(小布、小巾)と呼んだことからこの名が付いた。
現在は、伝統の藍染めと白糸のほかにもさまざまな色のこぎん刺しがある。製造は昔ながらの手作業で。
藩政時代、農民は厳しい税負担とともに1724(享保9)年に出された「農家倹約分限令」の下、生活のさまざまな場面で倹約を強いられていた。綿花が育たない津軽地方では、木綿は高級品。普段着としての木綿の着用を禁じられていた農民たちが、目の粗い麻の着物を少しでも温かくしようと麻糸を使って布目を埋めたのがこぎん刺しの起源だ。目の細かな刺繍は、背負い籠で摩耗する肩の部分の補強にも役立った。

江戸後期になると、藩の財政立て直し政策の一環として、下級武士の家の女性たちに家内工業が奨励されるように。この頃、弘前手織が生まれ、余った木綿の糸がこぎん刺しに使われるようになった。この弘前手織の誕生から明治時代までがこぎん刺しの最盛期。以降、徐々に衰退していったが、昭和初期、柳宗悦らの民藝運動で再び注目を集めるようになる。
古い紡糸機が置かれた〈弘前こぎん研究所〉の作業場の風景。積み上げられた生地は、滋賀の工房に製造を依頼している。
こぎん刺しは、縦の織り目に対し奇数の目を数え刺すのが特徴だ。「こぎんのモドコ」と呼ばれるひし形の基礎模様があり、それらを組み合わせて作る幾何学模様が美しい。基礎模様には「フクベ(ひょうたん)」「テコナ(ちょうちょ)」「猫のマナグ(まなこ)」などひとつひとつに名前がある。現在は模様を間違いなく刺すためにグラフィックの設計図を使うが、昔は口承、見よう見まねで刺していたという。

弘前城の西側で作られた「西こぎん」、東側で作られた「東こぎん」、弘前城の北、岩木川の下流域にある金木町(現五所川原市)、木造町(現つがる市)で作られた「三縞こぎん」と、作られた場所で模様が異なるのも、農民の暮らしの中から生まれた工芸ならではだ。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます