古今東西 かしゆか商店【だるま】 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店【だるま】

『カーサ ブルータス』2019年2月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。2年目となる2019年のスタートは、群馬県の高崎市へ。招福と厄除けの縁起物、高崎だるまのつくり手を訪ねた。

眉と頬ひげで鶴亀を表し、金文字で願いを描き入れる高崎だるま。上州の人形師が江戸の病除けだるまを真似たのが原点だ。絵付け前の生地が並ぶのは〈だるまの幸喜〉。生地づくりから手がける工房は高崎でもごくわずか。
一年の始まりを飾る買い付けは何にしよう。やっぱり幸せを招く手仕事の現場を見たいな……。そう考えて訪ねたのが、“高崎だるま”の工房です。群馬県高崎の豊岡地区で江戸末期に始まった高崎だるまは、真っ赤な色とゴロンと丸いフォルムが特徴。縁起だるまとも福だるまとも呼ばれています。
Buying No. 11【 だるま 】 新年に願いごとを託す 縁起のいい"高崎だるま"。 福だるま「8丸」は高さ約33cm。2,400円。
「願いごとをしながら左目に墨を入れて飾り、願いが叶ったら右目も描きます」「一年ごとにひと回り大きなものに買い替えるのが基本です」と、お作法を教えてくださったのは〈だるまの幸喜〉の代表を務める旭剛正さん。工房の外には、真っ白なだるま生地が行儀よく整列しています。顔の表情はまだないけれど、じわじわと愛おしく思えてくる佇まい。 

まずはその生地づくりを見学します。再生紙を溶かした液に鋳型を入れ、水分だけを吸い出して真空成形したら、天日で乾かすこと1週間。高崎だるまって紙でできていたんですね。ヒュッと持てるほど軽いことに驚きました。
コーティングの姿はリンゴ飴のよう
鶴を象った眉を描く。下描きなしの大胆な筆運び。
コーティングの姿はリンゴ飴のよう
鶴を象った眉を描く。下描きなしの大胆な筆運び。
「もともと農閑期の副業として始まったもの。からっ風が吹く北関東の気候が、だるまづくりに向いていたんでしょう」と旭さん。

完全に乾いた後は、貝胡粉という白い貝の粉と膠でつくった液体で全体をコーティング。赤や朱で色をつけたら、いよいよハイライトの顔を描く工程です。墨汁をたっぷりつけた筆を持って、一気に流れるように手を動かします。下描きなし! 躊躇なし! 迷っていたら勢いのあるいい線は描けないのだとか。顔が入ったとたん、コロコロと幼い印象だっただるまに力強い存在感が生まれました。