福岡の〈モアライト〉|川合将人のインテリアスナップ | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

福岡の〈モアライト〉|川合将人のインテリアスナップ

インテリアスタイリストが街で見つけた素敵な空間を紹介する連載第4回目は、福岡の新ショップ〈モアライト〉。アンティーク家具を大胆に使った店内は珍しい民芸品の宝庫です。

フランスの金物屋で使われていた巨大なシェルフに商品が並ぶ〈モアライト〉の店内。黒く塗装されたカウンターもヨーロッパのアンティーク品。左は代表の前田淳さん、右は細矢直子さん。
こんにちは。今回はインドのキルトやモロッコのベニワレンのラグなど、インテリアを飾るテキスタイルアイテムを数多く扱う福岡の人気ショップ〈ライトイヤーズ〉が、新ショップ〈モアライト〉をオープンさせたと聞いて行ってきました。
奥にあるガラスのショーケースと可動式の階段は、インテリアデザイナーの佐々木一也がデザインしたもの。ショーケース内部にはガラスの棚板に珊瑚や貝殻などの自然物のオブジェなどが綺麗に陳列されていて、まるで博物館のような雰囲気。
大きなガラス窓から入る柔らかな外光が心地よいエントランス部。ショップオリジナル商品の溶岩のランプや、フォークアートが大小様々な直方体の什器に陳列されている。この空間にも大きなアンティークの家具を什器に使用。
奥にあるガラスのショーケースと可動式の階段は、インテリアデザイナーの佐々木一也がデザインしたもの。ショーケース内部にはガラスの棚板に珊瑚や貝殻などの自然物のオブジェなどが綺麗に陳列されていて、まるで博物館のような雰囲気。
大きなガラス窓から入る柔らかな外光が心地よいエントランス部。ショップオリジナル商品の溶岩のランプや、フォークアートが大小様々な直方体の什器に陳列されている。この空間にも大きなアンティークの家具を什器に使用。
天井高のある広く開放的な店内。床と壁は明るいグレートーンのモルタル仕上げに統一され、カウンター背面の大きなシェルフを筆頭に、各所にヨーロッパのアンティーク家具が什器として使用されています。内装は代表を務める前田淳さんが手がけ、ショップカウンターの両サイドにあるガラスのショーケースと可動式の階段は、インテリアデザイナーの佐々木一也さんにデザインを依頼したそうです。
 
気付いて感動したのが、ガラスのショーケース内部の底面の素材で、ショップ床と全く同じモルタル仕上げになっていること。ショーケース自体が空間と一体となって、中に陳列されたアイテムが浮かび上がり、非常に魅力的に見えます。
 
また地味ですが、天井面にあるエアコンを天井と同じカラーに塗装し、余計なノイズを排除していた部分も参考になりました。什器に使用されるアンティーク家具の素材感や、販売するアイテムが映える、ニュートラルに徹した空間作り。こういったディテールへの気配りは、住宅の内装を考える時などにも参考になります。
販売しているヨーロッパのアンティーク品の中でも充実していたのが、陶製の照明のパーツ類。ソケットやスイッチなど、多くのパーツが販売されている。
カウンター上を照らす照明として店内でも使用されていたのは、ペンダントランプの高さの位置を調整できるバランサー。こちらも陶器で作られたアンティーク品。
販売しているヨーロッパのアンティーク品の中でも充実していたのが、陶製の照明のパーツ類。ソケットやスイッチなど、多くのパーツが販売されている。
カウンター上を照らす照明として店内でも使用されていたのは、ペンダントランプの高さの位置を調整できるバランサー。こちらも陶器で作られたアンティーク品。
〈モアライト〉で販売しているのは、アフリカやインドのほか、アジア各国で買い付けた民芸品や、ベルギーやフランスのアンティーク雑貨や自然物のオブジェなど、本当にいろいろなものがあります。
アフリカで占いに使われていたという牛の形をした “ボリ” と呼ばれるもの。こちらは参考商品ながら、販売できるものも今後に入荷予定とのこと。背中がニワトリの羽で装飾されているそうです。
“タパ” と呼ばれる樹皮で作られた布。こちらは中央アフリカのもの。それぞれ独特の柄が施されていて、壁面を飾るアートとして使えそう。
インドで買い付けた古い洋服の一部。経年したインディゴ染めの表情や細かな刺繍が美しい。額装しても映えそうです。
アフリカで占いに使われていたという牛の形をした “ボリ” と呼ばれるもの。こちらは参考商品ながら、販売できるものも今後に入荷予定とのこと。背中がニワトリの羽で装飾されているそうです。
“タパ” と呼ばれる樹皮で作られた布。こちらは中央アフリカのもの。それぞれ独特の柄が施されていて、壁面を飾るアートとして使えそう。
インドで買い付けた古い洋服の一部。経年したインディゴ染めの表情や細かな刺繍が美しい。額装しても映えそうです。
来店時にはアフリカのフォークアートが充実していて、占いに使われていたという牛の形をした “ボリ” と呼ばれる道具や、薬を飲むのに使われていたクバの取っ手の付きの陶器、樹皮でできた“タパ”という布であったりと、インテリアのアクセントになりそうな個性的なアイテムが並んでいました。
溶岩を削ってペンダントランプにした〈モアライト〉のオリジナル商品。店内に置かれた溶岩から好きなものを選んでオーダーする仕組みになっている。
細かなビーズとプリミティブなウッドの組み合わせがチャーミングなアフリカのオブジェ。
シェルフに数多く陳列されていた、ヨーロッパで買い付けたアクリルの中に本物の植物を封入した標本。
溶岩を削ってペンダントランプにした〈モアライト〉のオリジナル商品。店内に置かれた溶岩から好きなものを選んでオーダーする仕組みになっている。
細かなビーズとプリミティブなウッドの組み合わせがチャーミングなアフリカのオブジェ。
シェルフに数多く陳列されていた、ヨーロッパで買い付けたアクリルの中に本物の植物を封入した標本。
珍しいものや用途のわからないものも多く、取材時には思わず前田さんを質問攻めにしてしまったほどですが、アンティークの陶製の照明部品や、ショップオリジナルの溶岩で作ったペンダント照明など、手軽にインテリアに取り入れられる商品も揃っています。
見たことのない珍しいものが多く、夢中になっていろいろと前田さんに質問中。アクリルの植物標本を見せてもらう。

〈MORE LIGHT〉

福岡県福岡市中央区清川3-15-30 TEL 092 753 9366。11時〜18時。不定休(年末年始は12月26日〜1月6日休)。

川合将人

かわいまさと  雑誌、カタログ、広告などでインテリアスタイリストとして活躍。イベントの会場構成、ショップやハウスメーカーの空間を数多く手がけ、執筆活動も行っている。