古今東西 かしゆか商店 東京特別編【洋服ブラシ】 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店 東京特別編【洋服ブラシ】

『カーサ ブルータス』2018年11月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。今回のテーマは、東京特集号に合わせた“江戸の手仕事”。三百年続く日本橋の老舗で、手植えの洋服ブラシを見つけた。

「洋服ブラシに靴ブラシ、歯ブラシに急須用ブラシまで、欲しいものが多すぎる…!」とかしゆか店主。創業1718年、日本橋大伝馬町の〈江戸屋〉は、徳川将軍家お抱えの「刷毛師」をルーツとする、ブラシと刷毛の老舗。
「次号は“東京特集”です」。編集部からそんな話を聞いてパッと思いついたのは「東京で生まれる江戸の手仕事」。江戸切子や鋏などの伝統工芸も気になったのですが、今回は日本橋でブラシと刷毛をつくっている〈江戸屋〉を訪ねることにしました。“手植え”のブラシがあることと、300年間ずっと同じ場所で店を構えているという話に惹かれてしまったんです。
Buying No.08【 洋服ブラシ 】 上質な毛を丁寧に”手植え”。江戸の技を継ぐブラシ。
趣ある店内には洋服ブラシや掃除用ブラシ、歌舞伎の化粧刷毛までずらり。3000種もあるそうです。「店の前の道は、徳川家康が幕府を開いて最初につくった通り。ここから“江戸”が広がったんですよ」と、12代目店主の濱田捷利さん。すごい。きっと賑やかだったんだろうな、当時の町を見てみたいな……と思いながら、洋服ブラシづくりを見学しました。
瓶を洗うブラシとペットボトル用ブラシ。
毛束を段違いに手植えした洋服ブラシ。服もブラシも長持ちする。
瓶を洗うブラシとペットボトル用ブラシ。
毛束を段違いに手植えした洋服ブラシ。服もブラシも長持ちする。
「天然の豚毛を使い、毛先をつぶさないように手で植え込みます」

そう話すのは、法被を着て紺の軍手をはめたブラシ職人さん。作業台の上にそろえた生成り色の毛束から、ほんの数本を指で掴み、二つ折りにして、穴の開いた木の本体に植えていきます。このとき、普通は毛先が揃うようにちょうど真ん中で折るところを、〈江戸屋〉ではわざとずらして段違いに折る。段差のある毛束にすることで、ブラシに弾力が生まれ、服地の汚れがしっかり取れるそうです。びっくりしたのは、一回に掴み取る毛束の量も、折り曲げる長さも、目と手の加減だけで毎回同じようにピタッと決まること。そして、1回分の毛束を取るたび、台の上に残った毛束の乱れをきちっと整えること。あたりまえのように繰り返される動きにこそ、職人技の原点がある。それを目の当たりにして、ぞくぞくしました。