深澤直人ディレクションの民藝展が開催! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

深澤直人ディレクションの民藝展が開催!

〈21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2〉で11月2日より、プロダクトデザイナーの深澤直人ディレクションによる企画展「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」が開催する。

1925年、民衆が使う日常品の美に着目した柳 宗悦が、無名の職人たちによる民衆的工芸を「民藝」と名づけた。それが世代を超えて受け継がれていくなかで、素材、色、工程、用途、形などの独自性が際立ち、革新的で衝動的な枠に捉われない創意工夫へと発展していった。

本展では、〈21_21 DESIGN SIGHT〉のディレクターでもあり、日本民藝館館長を務めるプロダクトデザイナーの深澤直人が、同館の所蔵品を中心に、新旧さまざまな100 点余りの民藝を選び抜き、紹介する。撮り下ろしインタビューや制作現場の映像、民藝の新たな表情を映し出す写真、日本民藝館設立時の貴重な資料などの多彩な展示を通して、これからのデザインのインスピレーションとなる「Another Kind of Art=民藝」を紐解いていく。

「芸術家でも職人でもない人の無我な手から生み出されたものには、えも言われぬ魅力が潜んでいる。柳が提唱した民藝も、実はそのものづくりに携わる人々の生き方を示しているのではないだろうか」と深澤はコメントを寄せている。
展示作品を選ぶ深澤直人(撮影:岡本憲昭)
17世紀(明時代)中国の染付網目文角皿(景徳鎮窯)〈日本民藝館蔵〉
1930年代の秋田県、岩七輪 阿仁合〈日本民藝館蔵〉

『民藝 MINGEI -Another Kind of Art展』

〈21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2〉
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン。11月2日〜2019年2月24日。10時〜19時(入場は18時半)。火曜休み。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます