夏の暮らしに取り入れたい、インド〈カッチ〉のテキスタイル。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

夏の暮らしに取り入れたい、インド〈カッチ〉のテキスタイル。

6月13日から〈阪急うめだ本店〉でインド北西部〈カッチ〉に焦点を当てた「インドの手仕事の宝庫 カッチの布」が開催される。

インド北西部の〈カッチ〉は、古くからアラブと西アジアとの交易の重要拠点として知られる街。手仕事を大切にする、昔と変わらない豊かな暮らしが脈々と受け継がれており、女性たちが砂色の世界に抗うように色鮮やかな刺繍や染織布の民族衣装を身につけている姿を、今日でも目にすることができる。刺繍や染めなど、世界トップクラスの手工芸で知られ、ヨーロッパのデザイナーや布好きのスタイリストらも、インダス文明の時代から伝承される手工芸の聖地〈カッチ〉のフィロソフィーを、それぞれの感性で作品に取り入れている。
〈カッチ〉のクラフトミュージアム《LLDC》。
〈カッチ〉のコミュニティーの女性たち。
〈カッチ〉のクラフトミュージアム《LLDC》。
〈カッチ〉のコミュニティーの女性たち。
その〈カッチ〉にフィーチャーした、イベントが〈阪急うめだ本店〉にてスタートする。〈阪急うめだギャラリー〉では、〈カッチ〉のクラフトミュージアム《LLDC》の所蔵品を通して、コミュニティーごとに異なる布文化を紹介。〈祝祭広場〉には、〈カッチ〉を代表する4つの手仕事グループが登場し、刺繍(バッグ、ストール、ベットカバー、タペストリーなど)、木版染め(ストール、ベットカバー、布など)、絞り染め(布、ストール)、織物、手工芸(ローガンアート、革製品、素焼き、インテリア、家具、古道具)など、手仕事で作られたアイテムが一同に集結する。
伝統的な刺繍による壁飾りとポーチ。奥/《16種類刺繍パネル》54,000円。手前/《アリ刺繍ポーチ》各8,100円。
インドで「バンダニ」と呼ばれる絞り染め。奥/《ショール》20,300円。中/《ショール》49,500円。手前/《ストール》51,800円。
伝統的な刺繍による壁飾りとポーチ。奥/《16種類刺繍パネル》54,000円。手前/《アリ刺繍ポーチ》各8,100円。
インドで「バンダニ」と呼ばれる絞り染め。奥/《ショール》20,300円。中/《ショール》49,500円。手前/《ストール》51,800円。
期間中は刺繍や染めなど、さまざまなワークショップが予定されている。
幾何学模様が特徴のアジュラック染め。模様の描かれた木版を押し、文様を作っていく。
期間中は刺繍や染めなど、さまざまなワークショップが予定されている。
幾何学模様が特徴のアジュラック染め。模様の描かれた木版を押し、文様を作っていく。
また、〈祝祭広場〉中央ではビンテージモダンテイストとのMIXスタイルによる現代の夏のインテリア提案展示、インドより招聘した職人による実演やワークショップ、イベントなど、〈カッチ〉を身近に感じられるさまざまな企画が予定されている。

鮮やかなカラーで夏の暮らしにアクセントを効かせて、エキゾチックな雰囲気を感じたい。

「インドの手仕事の宝庫 カッチの布」

阪急うめだ本店〈阪急うめだギャラリー〉〈アートステージ〉〈祝祭広場〉 大阪府大阪市北区角田町8-7 TEL 06 6361 1381。6月13日~18日。10時〜20時、金・土曜10時〜21時、最終日は18時終了。