長山智美 デザイン狩人|そごう・西武のメンフィスなど | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

長山智美 デザイン狩人|そごう・西武のメンフィスなど

『カーサ ブルータス』2017年11月号より

前号に引き続きましてのそごう・西武さま「超えましたデザイン・第2弾」。2号連続とはちょっと西武に肩入れしすぎじゃないか、てなツッコミもされちゃいそですけどお許しくださいまし。

ミケーレ・デ・ルッキさまによりますメンフィス作品、1 《First》170,000円、2 《Polar》210,000円、3 《Flamingo》210,000円。4 マッテオ・チューンさまの《Onega》22,000円。5 〈ドーノ〉が輸入するイタリアのラグジュアリーインテリアブランド〈VG〉から《カプア》マガジンラック51,000円(以上西武池袋本店キュリオシュタット TEL 03 3981 0111)。6 イタリア・ロメッティ社のモニカ・ピオッジアさまデザインのお人形陶器、《カルメン》コンポート45,000円、7 蓋物50,000円。8 イギリス〈ダークルーム〉のプレート《ストレン フロム ディスティル》25,000円(以上西武渋谷店紳士洋品 TEL 03 3462 0111)。

超えましたデザイン Part 2

なにせ、メンフィスされどメンフィスやっぱしメンフィス。その超えすぎてますデザインゆえに実用からはめちゃアウェーなブランドのあんなモノこんなモノが、西武池袋本店さまの〈キュリオシュタット〉なるコーナーにご登場なのでございます。そもそもは世界中から集めましたミニチュアやら標本、サイエンス雑貨などナゾのデコが並びますサプライズ感満載のコーナー。そのよな中にさらにポストモダーンクラシックスをも配備してしまいますとは「お求めになられる奇特な方が果たして日本にいらっしゃるのでしょか?」などと要らぬ心配もしちゃいましたの。がしかしその後聞きましたところじゃデヴィッド・ボウイさまのご影響とかでメンフィスは今やナウなファッショニスタたちに大流行ちうなのだとか。売り場のデコかと思いきや意外な売れ筋商品なのかもしれませぬ。ちなみに今回の掲載に際しましては同じく「キュリオシュタット」からセレクトしましたチャームモノなどまぶし、さらなる超え感を演出してみましたの。この清々しほどの突き抜け感、誠にアッパレでございます。あ、でもワタクシ、西武さまの回し者なんかじゃございませんので。

長山智美

ながやまともみ インテリアスタイリスト。メンフィス家具をスタイリングできて大興奮☆ 次回はぜひ〈グフラム〉のチャームモノに挑戦したし! との野望を抱いてますの。そごう・西武さま、よろしくお願いいたします。