デザインイベント速報:「フリッツ・ハンセンの歴史展 -145年の歩み-」 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

デザインイベント速報:「フリッツ・ハンセンの歴史展 -145年の歩み-」

《セブンチェア》や《アントチェア》など名作チェアを数多く生み出してきた〈フリッツ・ハンセン〉。デンマーク本社に所蔵されている貴重な椅子を中心に家具45点を展示した「フリッツ・ハンセンの歴史展 -145年の歩み-」が開催中だ。

〈フリッツ・ハンセン〉の歴史は北欧家具の歴史にも通じる。美しい家具が並ぶスペースは圧巻。スタイリングは作原文子が担当した。
1872年の創業から、職人技術とタイムレスなデザインを尊重し、名作家具を数多く世に送り出してきた〈フリッツ・ハンセン〉。アルネ・ヤコブセンをはじめ、ポール・ケアホルム、ハンス・J・ウェグナー、ヴァーナー・パントン、オーレ・ヴァンシャーなど名だたるデザイナーたちとタッグを組み、オリジナリティ溢れる家具を生み出してきた。今回の展示は〈フリッツ・ハンセン〉のデンマーク本社で所蔵する椅子とともに、椅子研究家の織田憲嗣、〈ホワイトマウンテニアリング〉デザイナーの相澤陽介、〈フリッツ・ハンセン〉の鈴木利昌の所有品を合わせた、貴重な45点を紹介する。会場は表参道の〈フリッツ・ハンセン青山本店〉の地下フロア。ここをギャラリスペースに見立て、1872年に制作した〈ファースト・チェア〉から、1988年にヴァーナー・パントンが発表した《ワイヤー・コーンチェア》までを時系列に並べる。
1872年に〈フリッツ・ハンセン〉が初めて制作した家具は、その名も《ファースト・チェア》。
〈フリッツ・ハンセン〉を語る上で欠かせないアルネ・ヤコブセン。彼がデザインした家具は一箇所にまとめて展示している。発表された当時の仕様の《セブンチエア》《アントチェア》などアイコンピースが並ぶ。
〈フリッツ・ハンセン〉本社のミュージアムで所蔵されている椅子がデンマーク国外で展示されるのは今回が初。革張りのシートや木製のフレームには経年変化によって生まれた独特の表情があり、圧倒的な存在感を感じられる。〈フリッツ・ハンセン〉は今なお、ピエロ・リッソーニ、セシリエ・マンツ、ハイメ・アジョンなど新進のデザイナーとコラボレーションし、新作を発表し続けている。地下の展示スペースと1Fのショップスペースを合わせて見ると、過去と現在に共通するデザインフィロソフィーを感じ取ることができるはずだ。また、今回の展示品を収録したブックレットも無料で配布されている。家でゆっくりとページをめくりながら、デンマークデザインの素晴らしさを堪能できる。
小学校や幼稚園など公共施設に設置する子ども用家具も手がけていた。左は6人用の椅子とテーブルがつながった幼稚園児用のテーブル。〈フリッツ・ハンセン〉らしいビーチの無垢材と曲木の技術が使われている。
工場の様子や発売当時の広告写真など貴重な資料を写真やスライドで紹介。
19世紀初頭に使われていた〈フリッツ・ハンセン〉のロゴや歴代のカタログなどを並べた展示スペースも。

「フリッツ・ハンセンの歴史展 -145年の歩み-」

〈フリッツ・ハンセン青山本店〉

東京都港区北青山3-10-11
1F・B1 TEL 03 3400 3107。〜11月15日。11時〜19時(特別展示12時〜18時)。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます