〈au Design project〉のすべて。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈au Design project〉のすべて。

プロジェクトの開始から15年を迎えた〈au Design project〉が、これまでの軌跡を振り返る展覧会を開催する。

マーク・ニューソン《talby》2004年
いまや我々の生活に欠かせない存在となった携帯電話に、いちはやくデザインの定義を持ち込んだのが〈au〉だった。

2002年に深澤直人が手がけたコンセプトモデルの発表とともにスタートした〈au Design project〉。数々のデザイナーとタッグを組みながら、時代ごとに注目されるトレンドや技術革新を取り入れつつ、ライフスタイルとリンクする新しいモバイルツールの開発を継続してきた。

7月21日から11日間にわたって開催される展覧会『ケータイの形態学』は、15年あまりにわたる〈au〉の取り組みを俯瞰するもの。未公開のコンセプトモデルを含むおよそ70点のプロダクトのほか、カタログやポスター、映像作品なども展示。9月下旬には展覧会を記念した書籍『ケータイの形態学』も刊行される予定だ。
深澤直人「ishicoro」コンセプトモデル 2002年 photo_Hidetoyo Sasaki
深澤直人《INFOBAR》2003年
吉岡徳仁《MEDIA SKIN》2007年
草間彌生《Art Editions Yayoi Kusama》2009年

『ケータイの形態学 展 ─ The morphology of mobile phones』

〈GOOD DESIGN Marunouchi〉

東京都千代田区丸の内3-4-1
新国際ビル1F TEL 03 6273 4414。7月21日〜31日。11時〜20時。無休。入場無料。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます