模型からひもとく、デザイナー藤城成貴のクリエーション。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

模型からひもとく、デザイナー藤城成貴のクリエーション。

デザイナーの藤城成貴が自作するリアルな模型の数々から見る、新しいデザインの視点。

藤城成貴のアトリエ風景。後ろの棚に並んでいるのは、すべて自作した模型だ。photo_Gottingham
イデーから2005年に独立し、インテリアやプロダクトのデザインを行う藤城成貴。エルメス プティアッシュ、アディダスなど名だたるブランドとのコラボレーションワークをはじめ、直近では有田焼の新ブランド〈2016/〉やイデーから新作家具〈RIB〉を発表するなど、多分野で活躍を見せる。

藤城のデザインプロセスにおいて重要なのが「模型をつくること」。実物大の模型を製作し、リアルな空間において写真に収める。それを確認することで、自身のデザインから一旦距離を置き、第三者的な視点でクリエーションを見つめ直すのだ。
実物と見まがうほどの模型たち。上/有田焼プロジェクト〈2016/〉。中/〈アディダス〉のスニーカー《PREZ》。下/〈イデー〉の新作家具《RIB》の上に乗せられた雑誌も、藤城が製作したもの。photo_Shigeki Fujishiro
会場内には、藤城が製作した模型の数々に加え、彼が実際に撮影した模型写真も展示。本展では、数多くのデザイナーやメーカーの広報活動を行うデイリープレスが初めてオーガナイズを行う。傾斜角6度がついた“斜めスペース”で、どのような展示が行われるのか楽しみだ。

Naname Exihibition Vol.1
Studies / Shigeki Fujishiro

〈Naname〉

東京都目黒区青葉台3-5-33
川邊ハイツ1F デイリープレス内。 TEL 03 6416 3201。〜12月25日。11時〜19時(最終日〜18時)。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます