パリの〈ローズ・ベーカリー〉本店が一新! テーマはインダストリアルデザインです。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

パリの〈ローズ・ベーカリー〉本店が一新! テーマはインダストリアルデザインです。

有機野菜にこだわった料理やセンス溢れる店づくりで、2002年のオープン以来、スタイルがまたたく間に世界に広がった〈ローズ・ベーカリー〉。そのパリ本店がこの秋に大刷新! 20世紀初頭のインダストリアルデザインをちりばめた3店舗として生まれ変わりました。

〈SHOP〉という名の食材店。ビオ野菜のほか、オイルやビネガー、ジャム、お菓子、チーズに加え、ビオの食器洗剤やキッチンまわりの逸品も扱う。
パリのマルティール通り商店街に〈ローズ・ベーカリー〉が誕生して14年。周辺にはおしゃれなパティスリーやカフェ、個性派の商店が集まり話題のエリアへと成長した。そんな状況を冷静に見つめ、「真似され尽くした前のスタイルはもういいかな」とローズの夫、ジャン=シャルルさん。また、健康的で美味しい食に目覚めたパリジャンが増えたことで「人々の意識やニーズも14年前とは変わった」と話す。

こうした変化を受けて、この夏デリカテッセンや食材店を併設していた本店やマレ支店を一斉にクローズ。本店をレストランに特化してリニューアルし、その至近にデリカテッセンと食材販売店を新たに構え、3店舗を同時オープンさせたのだ。
英国の家庭の味を軸に、素材の質の高さにこだわるレシピを作るローズ・カラリーニさんと、彼女を支える夫のジャン=シャルルさん。
まずは食材店〈SHOP〉へ。英国製のビオ調味料やチョコレート、希少な個人ファクトリーのジャム、保存食品など、ローズさんのお眼鏡にかなった風味豊かな英国製食材を新たにセレクト。ロンドン随一のチーズショップ〈ネールズ・ヤード〉のチーズ、チェダーやスティルトンなどを、お客が自ら切り分けられるチーズコーナーも画期的だ。郊外の農家から届く生鮮野菜や果物はどれもとびきり新鮮。その訳は、レストランやデリで使う野菜も毎日ここから運び出しているから。回転がいいので、48時間以上、生鮮食品が店に置かれることはないという。「マルシェのように」とのローズさんの構想通り、買い物の合間に香り豊かなコーヒーも店内でいただける。
什器も温故知新。メタルや木の素材感を剥き出しにしたヴィンテージの棚や木箱を使用。
ざっくりと、美味しそうに陳列された野菜や果物。「長年使用された古い木の風合いを」と、床の木材一つにも気を配る。
冷蔵室に入り、大きな塊から欲しい分だけ自由に切り分けられるチーズコーナー。
古き良きものや暮らしのスタイルを現代に生かす心意気は内装にも表れている。20世紀初頭を思わせるインダストリアルデザインはいたるところに。1930年代のヴィンテージの工業ネオン管と見事に調和するのは、建築家ドミニク・ペローがデザインを手がけた天井照明。蚤の市で探した金属製の棚や什器をあしらう技にもセンスが光る。「床はあえて古い木材のフローリングにしたんだ」とジャン=シャルルさん。人目につくデザインより、素材や細部にこだわったという店には、どこか懐かしい雰囲気が満ちる。
ネオン管は、南仏の照明メーカー〈DCW〉がリリースした建築家ドミニク・ペローのデザイン。1930年代の工業用ランプとも相性抜群。
レストランの向いの通りに新設された〈SHOP〉。外観はまだ未完成だそう。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!