りんごと手仕事がつなぐ、青森とリトアニア。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

りんごと手仕事がつなぐ、青森とリトアニア。

りんごが身近であるという共通点を持つ、青森とリトアニア。それぞれの風土から生まれた手仕事を紹介する、「青森 りんご リトアニア」展が開催される。

リトアニアの市場にて。
青森とリトアニア。何の関わりもなさそうな2つの場所だが、共にりんごが身近であるという共通点を持っている。その風土を活かしたりんごづくりの背景には、地域特有の自然素材をつかった素朴な風合いの手仕事から生まれた、さまざまな道具がある。
青森のリンゴ農家愛用の手かご。
本展では、そうしたりんごづくりにまつわる道具とともに、北国特有の冬の暮らしの品々を紹介。文化や風習こそ異なれど、厳しい気候の中で生まれた、さまざまな暮らしの工夫や楽しみがあることが分かる。
リトアニアの手かご。
会期中にはジョナス・メカスによる『リトアニアへの旅の追憶』、山中有『青森』という、2つの映像作品の上映会やトークイベントも開催。さらに、リトアニア生まれのさまざまなプロダクトを扱う東京・外苑前〈LTshop〉のポップアップショップも登場する。
青森のりんご袋。

青森 りんご リトアニア

〈HOLE IN THE WALL〉

東京都渋谷区渋谷1-20-5
学校法人水野学園内。10月24日〜30日。12時〜19時(24日〜28日)、11時〜19時30分(29日・30日)。無料。公式サイト