安藤忠雄が手がけた〈こども本の森〉が遠野に誕生。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

安藤忠雄が手がけた〈こども本の森〉が遠野に誕生。

『カーサ ブルータス』2021年10月号より

安藤忠雄設計の〈こども本の森〉が、大阪・中之島に続き、岩手県遠野市に開館。

本館1階の閲覧室C。本館1階の3つの閲覧室、2階のギャラリー、そして貸し切り可能な別館〈いちの蔵〉で構成される。
選書はブックディレクターの幅允孝が担当。
築120年以上の建物を改装し、地域の歴史と読書の楽しさを伝える場へと生まれ変わった。螺旋階段の伸びる吹き抜けが出迎える閲覧室には、「遠野と東北」や「世界を見渡す」など、13のテーマ別に選ばれた書籍が、樹形図のように広がる。安藤がこの地に感じた「心の世界」を次世代へ繫ぐ、新たな名所の誕生だ。
商家だった建物の梁や柱は、一部そのまま活かしている。

〈こども本の森 遠野〉

岩手県遠野市中央通り1-16 TEL 0198 63 3003。9時30分〜17時30分。水曜休。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!