波佐見焼ブランド〈zen to〉のカレー皿♡|長山智美 デザイン狩人 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

波佐見焼ブランド〈zen to〉のカレー皿♡|長山智美 デザイン狩人

『カーサ ブルータス』2021年9月号より

デザインへの深い造詣と審美眼を持ち、刺激的なデザインを求めて、ハンターのように世界中を彷徨うインテリアスタイリスト、長山智美が、今もっとも気になるものをご紹介します。今回は〈zen to〉のカレー皿。

波佐見焼のブランド〈zen to〉から発売されました12人のカレー皿から。
「苦手な食べ物あります?」てなご質問にいつも真っ先に「辛いモノ」と答えてますワタクシ。お子さま向けすら無理めな弱者ですゆえ、カレーなんてなモノとはほぼ無縁の人生を送って参りました。でもって、カレー皿。
daily spice plate by 阿部薫太郎 軽くてスタッキング可能と使い勝手も◎。2,420円。
機内食の皿 by 清水久和 機内食のカレーをイメージ。蓋は3柄をご用意。2,980円。
oval curry bowl by 篠本拓宏 「カレー皿は楕円」ていう信念に基づき理想の楕円形を追求。3,630円。
いろんなデザイナーさまが独自目線でのカレースタイルをご提案くださってますけど、ワタクシ的には「おお、パスタにうってつけ♡」。仕切り付きならトッピングやサラダも添えられて理想的フォルムのよに感じますの。
kohan by 寺山紀彦 ルー部分がスロープ状になっていてルーの湖とご飯の山ていうランドスケープがお皿の中で完成いたします。5,280円。
Curry Circle by 角田陽太 円形の仕切りで構成されました幾何学的カレー皿。3,960円。
仕切りが取れるカレー皿 by ユザーン 便利な着脱式の仕切り付き。3,960円。
がしかしビジュアル的なノリから「欲し♡」と思ってしまいましたのは清水さまのナゾ目線の機内食。パスタには不向きな上に「そもそもコレはカレー皿じゃないんじゃないの?」てな疑問も感じますけど、このとこ飛行機もご無沙汰ですゆえ、おウチ機内食プレイは案外楽しかもしれませぬ。ストライプ、買っちゃおかしら♡

ながやまともみ

インテリアスタイリスト。お酒が飲めないオトモダチが「人生の半分損してる」て言ってましたけど辛いモノもまさに然り。カレーのみならずエスニック系全般において誰もゴハンに誘ってくれません、涙…。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!