【サローネ速報】建築家・田根剛による〈シチズン〉のインスタレーション、再び! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

【サローネ速報】建築家・田根剛による〈シチズン〉のインスタレーション、再び!

2014年のミラノサローネで発表したインスタレーション「light is time」が大きな話題を呼んだシチズン。今回も再び、DGT Architectsの田根剛、LUFTZUGの遠藤豊とのコラボレーションのもと、根幹を支える思想は同じくしながら、コンセプトを発展させ、驚異の空間をつくり出した。

インスタレーションをデザインした田根剛。Aの空間にて。
今回テーマにしたのは「time is TIME」。自然の法則に基づきながらも、人は時間を測定し、区切り、判別しながら日常の生活を営む。一刻一刻と進化し、変化していく時間にもう一度焦点をあてるべく、前回を上回る12万個の地板(腕時計の内部にある細かな部品を支えている基盤)をワイヤーで固定して、1000㎡の空間に張り巡らせた。
BからAの空間を望む。
会場はAとBの2つの空間に分かれ、Aの空間は「オーガニック、アナログ」などをキーワードに地板をランダムに配置。一方で、Bの空間は「システマティック、デジタル」といった言葉をもとに、整然と配列している。

まったく違ったルールで整理された2つの空間のはずなのに、しばらくじっと見つめていると、2つのスペースが徐々に交錯しはじめ、まるで光の粒が不思議な法則の元に動き出しているようにさえ見えてくる。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます