若きアーティストが再解釈、70周年を祝う《マリメッコ コークリエイテッド》 とは? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

若きアーティストが再解釈、70周年を祝う《マリメッコ コークリエイテッド》 とは?

〈マリメッコ〉がブランド創立70周年。アニバーサリーイヤーに若手アーティストと手を組んだ、カプセルコレクション《マリメッコ コークリエイテッド》がスタートします。

創設者であり、クリエイティブディレクターとしても活躍したアルミ・ラティアが〈マリメッコ〉を立ち上げたのは1951年。時は戦後復興期、灰色の景色が広がるフィンランドの人々に色彩や日常の喜びをもたらしたと言われ、アートのようなプリントは今も広く愛される。そんなブランドの歴史と哲学を新世代のアーティストたちが再解釈する《マリメッコ コークリエイテッド》がアニバーサリーイヤーとなる今年、スタートする。
シャツ 42,900円(税込)
スウェット 42,900円(税込)
スウェット 42,900円(税込)
Tシャツ(キヴェット)25,300円(税込)
Tシャツ(キヴェット) 25,300円(税込)
スニーカー 27,500円(税込)
ファブリックバッグ 13,200円(税込)
マグカップ(ウニッコ) 3,080円(税込)、マグカップ(キヴェット)3,080円(税込)
プレート 3,080円(税込)
クッションカバー 7,700円(税込)
年4回にわたり、ファッションとホームの両カテゴリーで展開される限定カプセルコレクションの第一弾のアーティストには、ともにフィンランド出身のグラフィックデザイナー、アンッティ・ケッキとマッツ・ビョリンを選出。2人は《Art of Printmaking(プリント作りのアート)》というブランドアイデンティティをテーマに、《Unikko(ウニッコ/ケシの花)》といったアイコニックなプリントや30年前に撮影された写真などアーカイブ、そしてアルミの名言をピックアップしコラージュ。プリントは刺繍やヴェルヴェットのフロック加工なテクニックを駆使して際立たせるなど、ユーモラスで意外性のあるアイテムに仕上げている。

若い才能の発掘と育成に貢献してきた創業者の意思を引き継ぐ《マリメッコ コークリエイテッド》を通して、「過去に歩んだことのある道は避けた方が良い」というアルミの言葉をピックアップした2人もまた、歴史に新たな1ページを刻む。更新されていくマリメッコの新しい世界観を楽しみたい。

マリメッコ コークリエイテッド

松屋銀座で先行発売(2021年2月17日〜23日)。2021年2月24日〜マリメッコ日本公式オンラインストアにて発売。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます