古陶を思わせる、侘びた色と素朴なカタチ。タナカシゲオ陶展@木と根|輪湖雅江の器とごはん | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古陶を思わせる、侘びた色と素朴なカタチ。タナカシゲオ陶展@木と根|輪湖雅江の器とごはん

器は料理を盛ってこそ! 人気作家の最新作を発表する個展に合わせて、作家本人にも料理をつくってもらっちゃおう……という無茶ぶり企画7回目。奈良・明日香村の古民家に暮らし、昔ながらの“紐づくり”と薪窯焼成で器をつくっている陶芸家、タナカシゲオさんを訪ねました。ふだんの何気ない料理も品よく見せる器は、12月15日から始まる京都〈木と根〉の個展にて!

タナカシゲオの「器とごはん」。左上から反時計回りに、《オンギ面取鉢》×万願寺唐辛子のおかか和え、《オンギ十角盤》×のらのわ鶏のたたき、《黒伊羅保祭器形鉢》×マコモダケのきんぴら、《堅手カップ》×レンコンボールと三つ葉の吸い物、《白瓷リム豆鉢》×キュウリの糠漬け、《オンギ角豆鉢》×シソノ実の醤油漬け、《堅手耳付豆鉢》×昆布の醤油煮、《堅手台皿》×サトイモのから揚げ。中央は《オンギリム小鉢》×柿とキク菜の白和え。
個展は京都の〈木と根〉で12月15日から。左上から反時計回りに《オンギ面取鉢》5,000円、《オンギ十角盤》直径27〜28cm 15,000円、《黒伊羅保祭器形鉢》20×13×高さ15.5cm 10,000円、《堅手カップ》4,500円、《白瓷リム豆鉢》3,500円、《オンギ角豆鉢》2,800円、《堅手耳付豆鉢》3,000円、《堅手台皿》 直径19cm 10,000円。中央は《オンギリム小鉢》直径16cm×高さ2.8cm 4,000円。展覧会情報は文末に。
色鮮やかな緑の野菜が映えるのはもちろんだけれど、サトイモのから揚げやキノコのナムルみたいな素朴な料理をのせた姿こそが、この器の真骨頂。古陶磁を思わせる風合いと侘びた色は、料理を盛ることでいっそう品よく味わい深く目にうつる。  

高松塚壁画や石舞台古墳など飛鳥時代の史跡が残る奈良県・明日香村で、築280年の古民家に暮らしている陶芸家のタナカシゲオさん。約150坪の広い敷地には、骨太な梁や柱に支えられた母屋や蔵や離れがあり、藁のブロックを積み上げる“ストローベイル工法”で自作した小さな工房も建っている。
昔から料理好きだったというタナカシゲオさんと妻の佐智子さん。江戸中期の建物を自分たちで改装し、お子さんと、3匹の猫とともに暮らしている。モルタルの床を剥がして土間にした台所には、レンガを積んで自作した竈(かまど)やロケットストーブ、改装の際に現れた六角形の井戸も。
奈良県の明日香村は、7世紀に日本の中心地として栄えた飛鳥京があった土地。日本最古の大仏が安置された「飛鳥寺」や、蘇我馬子の墓とも言われている「石舞台古墳」、極彩色の壁画で知られる「高松塚古墳」など、1400年前の史跡が残っている。
敷地は旧街道沿いの集落にあり、すぐそばには飛鳥川の源流も。庭や離れで過ごしていると心地いい水音が聞こえてくる。
器の成形をするための工房は、19世紀半ばにアメリカの開拓者が考案した“ストローベイルハウス”の工法で自作。アスファルトで基礎をつくり、レンガ状にした藁を積み上げ、内側を土壁、外側を漆喰で塗り、最後に屋根をのせた。柱はなく、壁だけで約50cmの厚みがある。
京都生まれのタナカさんが、「薪の窯で器が焼ける土地を探していて、ネットで見つけた」というこの家に引っ越してきたのは13年前。昔から絵を描くのも粘土細工も好きだったが、やがて古いものへの興味がふくらんだ。桃山時代の茶陶や韓国李朝の陶磁器など、古い時代の焼物に惹かれて作陶を始めたのは31歳の時。「京都のカルチャーセンターでちょこっとだけ習って、あとはほぼ独学です」。最初の個展は40歳を超えてから……と決して早くはないけれど、それが韓国骨董の名店・京都の〈川口美術〉で開かれたと聞けば、凄い!と唸るしかない。

タナカさんがつくる器は、白瓷(白磁)、堅手(かたで)、焼締、粉引、オンギ、黒伊羅保(くろいらぼ)などさまざまだ。「堅手」は李朝のころからつくられていた焼物で、白瓷に近いけれど、釉薬の感じや土味が“硬い”ところからそう呼ばれるようになった。「オンギ」は鬼板という鉱物を使った黒釉の器。韓国ではキムチを漬ける黒釉の甕などをオンギと呼び、タナカさんはその呼び名にならっているのだとか。「黒伊羅保」は、高麗茶碗などに用いられた伊羅保釉を使ったもの。ざらっとして心地いい手触りと、釉薬の掛かり具合による濃淡が、なんとも滋味深くて素敵なのだ。

……というようにタナカさんの器には、いにしえの作り手への敬意や憧れが宿っている。土は日本のものを使っているが、目指す古陶の風合いを出すために韓国の土をブレンドすることも。釉薬は灰や長石を使って自らつくり、絵付け用の青い顔料・呉須(ごす)も自分で調合する。成形は、紐状にした粘土をぐるぐる巻きながら積み上げていく“紐づくり”。焼成は、家から少し離れた畑の中にある穴窯や倒炎式の薪窯で行っている。タナカさんの器の、自然な柔らかさやピュアでおおらかな美しさは、そういう昔ながらのやり方から生まれるものだったのか、としみじみ納得。
堅手の台皿。「堅手」と呼ばれる焼物は、堅く締まった印象と少し灰色がかった白が特徴。タナカさんは日本の土と韓国の土を自ら調合して堅手をつくっている。
鉄分の多い黒釉を使った「オンギ」の器。右下のオンギ十角盤は、おかずとごはんを一緒に盛り付けるワンプレートにも使っているそう。
堅手台皿。李朝の器にも似た、静かで品のある佇まい。
食器をつくることが多いが、個展の際には壺や花器も並ぶ。
「食べるのが好きだから料理も好き」と言うタナカさんと佐智子さんは、二人でいっしょに調理することも多いそう。タナカさんが“ひね鶏”のタタキを切り分けている傍らで佐智子さんが和え物をつくり、佐智子さんがサトイモを揚げ始めたところで、タナカさんが鰹節と削り器を取り出して……と、それぞれに分担しながら調理はサクサクと進んでいく。

「毎週金曜日に近所でビオマルシェが開かれるんです。明日香村の畑で採れるオーガニックの野菜や完全無農薬のお米、平飼いの鶏の卵などをそちらで買っています」とタナカさん。台所を見回せば、ごはんを炊く羽釜に自作の土鍋、台湾の電気鍋もアルミアルマイトの鍋もあって、それだけで日々料理を楽しみ尽くしていることがうかがえる。聞けば、ポン酢やソース、焼き鳥のタレまですべて自分たちでつくっているのだとか。「そのほうが自分好みの味になるからという、とても単純な理由です」
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!