ギレルモ・デル・トロの世界がタロットカードに!? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ギレルモ・デル・トロの世界がタロットカードに!?

『カーサ ブルータス』2020年12月号より

独特なクリーチャーが登場するギレルモ監督の作品が、美しくも不気味なタロットカードになりました。

『シェイプ・オブ・ウォーター』より。カードの意味が持つ二面性に合わせて、人間の主人公・イライザと水生の “不思議ないきもの” が対照的に描かれている。
「魔術師」はギレルモ監督自身! 周りのアイテムは作中のどこかに登場したもの。
希望を表すカードには、『パンズ・ラビリンス』のオフェリアが。本来は水差しを持つカードだが本を持つことで彼女の性格を表している。
ギレルモ・デル・トロとタロットカード、これほどマッチする組み合わせがあるだろうか? ギレルモの世界観そのままに、作中のキャラクターやアイテムが78枚のカードに描かれた。モチーフとなったのは、有名キャラから一体何なのかわからない細かなパーツまで実にさまざま。各カードの意味と引用作品を解説したガイドブックも付いており、どの作品か当てるのも楽しい。

イラストを手がけたトマス・イホは、ギレルモが作品をコレクションするお気に入り作家の一人。複雑なカードの意味と作品との結びつけは斬新で、思わずうなるものがある。ギレルモファンとタロット愛好家を、まだ見ぬお告げへ導いてくれるに違いない……。

《Tarot del Toro》

イラスト/トマス・イホ、序文/ギレルモ・デル・トロ、発行/インサイト・エディションズ。小アルカナと大アルカナを含む78枚セット。各カードの意味と引用したキャラを監督作品の名セリフとともに説明したガイドブック付き(英語)。29.99ドル。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます