世界初! スタルクに学んだAIが生み出した心地いい椅子とは? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

世界初! スタルクに学んだAIが生み出した心地いい椅子とは?

家具から宇宙船まで手がけるデザイン界のスーパースター、フィリップ・スタルクがAIと共同作業!? 出来上がったのは、家具メーカー〈カルテル〉と建築CADソフトウェアで知られる〈オートデスク〉と共同で発表した椅子《A.I》だ。

《A.I》(エーアイ)32,400円。W54×D53×H81、SH45cm。ひじ掛けのデザインが特徴的。
〈カルテル〉初の100%リサイクルの熱可塑性テクノポリマー材で環境に配慮。全5色のカラーバリエーション。
家具メーカー〈カルテル〉と建築CADソフトウェアで知られる〈オートデスク〉と共同で発表した椅子《A.I》がいよいよ発売となる。

《A.I》の開発で採用されたのは、設計やデザイン業界を根本から変えると注目されている手法「ジェネレーティブデザイン」だ。材料やコスト、製造方法といった仕様をコンピューターに入力することで、人工知能がクラウド上のデータから最適なデザインを何百何千も提案してくれるというものである。
スタルクがこれまでにデザインした椅子のデータをAIが学習し、導き出したのがこのデザイン。ソフトな肌触りのシート、長さ・高さ・丸みが絶妙なひじ掛け、人体のS字カーブに沿った背もたれ、クッションを置けるようにした腰回りで、究極の座り心地を最小限の素材で実現した。

今回のプロジェクトで、チェスのグランドマスターがコンピューターに敗北したことに自分を重ね合わせてみたというスタルク。AIが人の創造性を超えることができるのか。椅子《A.I》は素晴らしい自由、革命の始まりだという。そんな未来の座り心地をぜひ試したい。

トーヨーキッチンスタイル TEL 03 6438 1040。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます