ゆったりとした休日を過ごすための家具〈Dimanche〉。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ゆったりとした休日を過ごすための家具〈Dimanche〉。

インテリアショップ、イデーが創業当時から発表してきた代表的なコレクションラインに新シリーズが登場した。

〈Dimanche(ディモンシュ)〉シリーズ。
デザインを担当したのは、ベルギー在住のマリナ・ボーティエ。イデーとの協働は2011年に発表した〈STILT(スティルト)〉に続き、3度目となる。〈Dimanche〉は、フランス語で「日曜日」を示すように、休日に家でゆったりとした時間を過ごすことをイメージし、デザインされたものだ。

「日曜日になると、ベルギーでは会社はもちろん、多くのショップも閉まっているので、家で自分なりの時間を過ごす人がほとんどです。そういった日常を思い返しながら、長時間過ごしても負担に感じないソファ、家族や友人が集うダイニングセットを考えました」
座り心地にこだわったソファは、たっぷりとしたボリュームのクッションとカップやグラスを置くこともできる幅広の肘掛けが特徴。個性的なデザインは排除し、あくまでも使い勝手を優先した。また、ナチュラルな木目のホワイトオーク無垢材を使用することで、ほかの家具やインテリアともバランスが取れるように配慮している。

一方、ソファのデザインから発展させていったダイニングテーブル&チェアは、おいしい食事を引き立たせ、楽しい会話を誘発するためのシンプルなデザインにまとめた。そしてソファセットとダイニングセットをつなぐ役割のアイテムとしてワゴンも用意。あえて車輪を見えないようにしたことで、シェルフとしても使うことができる。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます