古今東西 かしゆか商店【金網の吊りカゴ】 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店【金網の吊りカゴ】

『カーサ ブルータス』2019年4月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。今回は日本一の手仕事の街・京都で、“京金網”の店を訪問。古都の美しい暮らしを支える手編みの台所道具と出会った。

細い針金を手先だけで編み、生活道具をつくる京金網。創業1933年の〈辻和金網〉でかしゆか店主が夢中になったのは、カゴや豆腐すくいなどの台所道具。「ストイックに繰り返される美しい細工に、目が吸い込まれます」
手仕事の買い付けを始めて強く思うのは、職人さんがものをつくる様子を実際に見てから購入できることのありがたさです。「シンプルに見えてこんなに手間がかかっているんだ!」「この形にはそういう歴史と理由があったのね」 そうやって買った道具を使うたびに「手でつくられている」ことを思い出し、愛着がわいてきます。今回はその楽しさを伝えたくて、京金網の店〈辻和金網〉を訪問。こちらではタイミングがよければ、店内で台所道具を編んでいる光景を見ることができるんです。
Buying No.13【 金網の吊りカゴ 】 古都の美意識が詰まった京金網の手編みカゴ。
京金網は、平安時代に始まった伝統工芸。細い金網を編んでつくる生活道具や調理道具は、熟練した手先が生む美しい細工と、理にかなった形が特徴です。

「料亭や料理屋さんからの注文で発展したのが京金網。今も家庭用からプロ用の道具まで幅広くつくっています」と3代目の辻泰宏さん。なるほど、京都の料理人の厳しい目に鍛えられてきた手仕事なんですね。店内には京都ならではの“湯どうふ杓子”やお香立て、干し野菜や干し椎茸をつくる干しカゴまで、気になるものがいっぱい! さっそくつくるところを見せていただきました。
指先だけで美しい六角の編み目を生む。
パンや野菜を直火の遠火で焼ける手付き網はプロにも人気。
指先だけで美しい六角の編み目を生む。
パンや野菜を直火の遠火で焼ける手付き網はプロにも人気。
「手で編んだものは編み目が六角になります」と話しながら、釘を打った台に細い針金を引っ掛ける辻さん。それを指先の感覚だけで交差させ、カチッカチッとねじって締めて編みあげます。この「ねじり」が強さと美しさの鍵。機械編みに比べて手編みは、つくりは丈夫で見た目は柔らか。特に銅の針金を使ったものは、抗菌作用もあり熱伝導もいいそうです。