NIGO®がBILLIE IDLE®に重ね合わせた80年代とは。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube

NIGO®がBILLIE IDLE®に重ね合わせた80年代とは。

独自の活動を展開しているアイドルグループ。彼女たちが思う80’sってどんなものか、聞いてみました。

左から/ヒラノノゾミ、モモセモモ、ファーストサマーウイカ。そして新加入したばかりのアキラはモモセの実妹。新作に収録の「本当の夢を」の作詞を担当。
Q みなさんのコンセプト「ネオ80‌’s」とは、どんなものでしょう?

ファーストサマーウイカ(以下ウイカ) 80年代を知らない私たちが、当時の音楽やファッションを表現することですね。

Q パンクを中心にした新作の内容、それに今日のファッションも80年代のリバイバルですね。

ウイカ 80‌’sファッションは今ブームだと思うし、私たちも影響を受けています。当時を知り尽くすNIGO®さんがうまく組み合わせ、ネオ80‌’sという〈BILLIE IDLE®〉の色に変えてくれていると思います。原宿を歩いていても、みんなMA−1を着て、シャツはパンツにインしています。VHS風の少しノイズがかった映像や、「写ルンです」が“今、これが面白い!”と思ったら、みんな80年代に流行ったものだったということで。無理して近づいたり、調べたりするより、自然にいいと思えるものが実は80年代のものだったりします。

Q 教科書で「バブル経済」という言葉を知った世代ですよね。

ウイカ バブルってうらやましい! 当時を経験した方は口を揃えて「いい時代だった」と言いますから。だからこそ、リバイバルするんじゃないかと思いますね。

Q 80年代の音楽はどうですか?

ヒラノノゾミ マドンナが大好きなので、よく80年代の作品を聴いていますが、かっこいいですね。

Q サウンドコンセプトは、基本的にパンクが中心ですね。

ウイカ できるだけ無駄をそぎ落としたピュアなロックを目指しました。歌詞は基本的にメンバーが書くことになっているから大変なんです。

Q 作詞の役割分担は?

ウイカ 曲があがってきたら、全員で一斉に書き始め、いいものが採用されるというスタイルです。
モモセモモ 私は作詞が苦手なので、一曲に集中して書くことにしています。ラッキーなことに私の「泣きそうサンデー」が、アルバムのリード曲になりました。

Q デビューから1年半でアルバムを3枚発表しているって、すごいスピードだと思いますが。

ウイカ その分、早くも新作には今まで経験したいいところを凝縮することができました。まだBILLIE IDLE®を聴いたことがない人でも楽しめる、バランスのいい作品になっています!

ビリーアイドル®

“BiS”のメンバーだったファーストサマーウイカとヒラノノゾミが解散後にNIGO®と出会い、モモセモモらを加えてグループ結成。今年アキラが加入し現在のメンバーに。新作『bi bi bi bi bi』が発売中。11月20日大阪〈LIVE SQUARE〉、12月4日〈代官山UNIT〉でライブ開催。