装幀家・菊地信義、手でつくる本の身体。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

装幀家・菊地信義、手でつくる本の身体。

『カーサ ブルータス』2020年1月号より

15,000冊以上もの本の装幀を手がけた装幀家・菊地信義のドキュメンタリー映画『つつんで、ひらいて』が公開。

きくちのぶよし 1943年東京・神田生まれ。広告代理店を経て1977年に独立。中上健次や古井由吉等の作家から絶大な信頼を得る。著書に『装幀談義』『新・装幀談義』『樹の花にて』『装幀思案』等。
「エが1mm左だ」「背の “伝” を3%長体かけてみてもらえる?」。装幀家の菊地信義は映画の中で『イエス伝』の装幀を仕上げる際、原寸での出力を見ながら何度も指示を出し、手元で触りながら確認をする。コンピュータは使わない。素人目には違いがさっぱりわからない微細な調整を行い、最後「できた!」と微笑む。
(c) 2019「つつんで、ひらいて」製作委員会
映画『つつんで、ひらいて』は、装幀家・菊地信義と装幀の仕事に迫るドキュメンタリーだ。菊地は1977年に独立し、その後1万5000冊もの本を手がける装幀家だ。

映画の中では菊地の仕事を取り上げるだけでなく、文字情報から紙や書体を選び取り、“身体” を与えて一冊の本に仕上げる「装幀家」の仕事を丁寧に紐解く。誰もが知っている“本”が、こんなにもたくさんの工程を経てつくられているのかと驚嘆するだろう。
『イエス伝』若松英輔(2015年/中央公論新社)
菊地の装幀は文字のインパクトの強いものが多く、映画の中でも文字のみでモノクロの装幀がいいと言う。本書も簡素だが、ミリ単位の緻密な調整が施されている。
神田生まれの菊地は、デザインの日本語を江戸弁の「こさえる」だという。家族を思いごはんを拵えるように、テクストから広がる世界を想像しながら手を動かしてつくる。菊地の仕事を見ていると、本は触って匂って聴いて、五感で味わうものだと再認識させられる。
『サラダ記念日』俵万智(1987年/河出書房新社)
著者本人が頬杖をついたポートレートを大胆に大きく扱った非常にインパクトのある表紙。1987年に初版3,000部で発行したにもかかわらず、280万部のベストセラーになった。
『主題と構造 武田泰淳と戦後文学』粟津則雄(1977年/集英社)
ダ・ヴィンチの大洪水の素描がベースになった装幀。粟津は本書の装幀を「一種の生きもののように問いかけてくる」と評し、以後の装幀をすべて菊地に託している。
『十八歳、海へ』中上健次(1977年/集英社)
菊地が独立して間もない頃に手がけた中上健次の短編小説をまとめた一冊。若者の性や恋愛、親子関係という小説のテーマに対し、海の函と反転させた中身という対比を用いた。
『食うものは食われる夜』蜂飼耳(2005年/思潮社)
詩集は紙と語感を合わせて味わうものだと菊地は言う。生き血を思わせる赤黒いスリーブの中から登場するのは、乳白色でふかっとしたカバー。動物の背骨をイメージしたそうだ。
『サラダ記念日』俵万智(1987年/河出書房新社) 著者本人が頬杖をついたポートレートを大胆に大きく扱った非常にインパクトのある表紙。1987年に初版3,000部で発行したにもかかわらず、280万部のベストセラーになった。
『主題と構造 武田泰淳と戦後文学』粟津則雄(1977年/集英社) ダ・ヴィンチの大洪水の素描がベースになった装幀。粟津は本書の装幀を「一種の生きもののように問いかけてくる」と評し、以後の装幀をすべて菊地に託している。
『十八歳、海へ』中上健次(1977年/集英社) 菊地が独立して間もない頃に手がけた中上健次の短編小説をまとめた一冊。若者の性や恋愛、親子関係という小説のテーマに対し、海の函と反転させた中身という対比を用いた。
『食うものは食われる夜』蜂飼耳(2005年/思潮社) 詩集は紙と語感を合わせて味わうものだと菊地は言う。生き血を思わせる赤黒いスリーブの中から登場するのは、乳白色でふかっとしたカバー。動物の背骨をイメージしたそうだ。
映画『つつんで、ひらいて』予告編

『つつんで、ひらいて』

装幀家・菊地信義の仕事と人物に迫り、編集者や印刷所等の “本” を取り巻く人々を描いたドキュメンタリー。監督は広瀬奈々子。12月14日より渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます