Googleが、日本の“食文化”を世界に発信中。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

Googleが、日本の“食文化”を世界に発信中。

Googleのサービス《Google Arts & Culture》に日本食をテーマにしたコンテンツが公開された。文化という視点から“食”を学ぶ、ユニークなコンテンツが盛りだくさん!

『Flavors of Japan – 奥深き日本の食文化を召し上がれ』
世界の名画から自分自身の顔に一番近い作品を探したり、Googleマップのストリートビュー機能を用いて世界中のアートを楽しめるコンテンツなど、近年注目を浴びる〈Google〉のサービス《Google Arts & Culture》。そんなサービスに日本食を紹介するコンテンツ『Flavors of Japan – 奥深き日本の食文化を召し上がれ』が公開されている。
目には見えないけれど、日本食には欠かせない“だし”の魅力に迫るコンテンツ。
食をテーマにしたコンテンツは、スペイン、イタリア、ナイジェリアに続き、日本が4カ国目の発表となる。世界でも認知度の高い寿司をはじめ、和菓子やラーメン、日本酒まで、身近な日本食がどのようにして生まれたのか。日本人でも知らなかった料理の歴史や背景、日本食に込められたメッセージなど“食”にまつわるストーリーを、さまざまなアングルから紹介していく。

たとえば戦後、文化や芸術が育まれてきた新宿のゴールデン街。コンテンツでは300軒近くあるゴールデン街に集まる人々、歴史を用いて、街での歩き方、流儀を教えてくれる。その他、江戸時代の浮世絵から季節を大切にする日本食の紹介や、日本の食卓に並ぶ陶器や漆器の汁椀、箸が生まれるまでの歩み、現在150巻目に突入したグルメ漫画『クッキングパパ』のページなど、ユニークな視点で日本食の魅力を深掘りすることができる。今後もさまざまなテーマが増えていく予定だ。
さまざまな職種の人が集まる、新宿のゴールデン街を紹介。
一人ひとりに合った器を使うという文化を食器から学ぶ。
さまざまな職種の人が集まる、新宿のゴールデン街を紹介。
一人ひとりに合った器を使うという文化を食器から学ぶ。
日本人であれば当たり前のこと、疑問も持たなかった習慣や、実は知らなかった食のストーリー。海外から来る友人に教えるのも良し。自分の興味あるコンテンツから“日本食”という文化、歴史を深掘りしてみてはいかが。
目覚ましく発展した江戸時代の食文化。「冷やし物」と呼ばれ、果物を冷水に浮かべた和風フルーツポンチなどが存在した。

《Google Arts & Culture》

AndroidはGoogle Playストア、iOSはAppストアから、それぞれアプリをダウンロードすることもできる。