渋谷で「クマのプーさん」の原点に迫る! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

渋谷で「クマのプーさん」の原点に迫る!

世界中でファンを持つ、クマのキャラクター「プーさん」の展覧会が渋谷の〈Bunkamura ザ・ミュージアム〉で開催される。〈ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館〉が所蔵する原画作品を通して、「クマのプーさん」が持つ魅力とその誕生秘話に迫る。

「ハチのやつ、なにか、うたぐってるようですよ」、『クマのプーさん』第1章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust
ハチミツが大好きで、少しおっちょこちょい。誰もが知るクマのキャラクター「プーさん」の物語は、1926年にイギリスで誕生した。物語の原作者A.A.ミルンと、イラストを描いたE.H.シェパードの共作によって生まれたユーモア溢れるストーリーは、今も人々を魅了し続けている。そんな「クマのプーさん」の魅力を、原画を含む約200点の作品と共に紐解いていく展覧会が、〈Bunkamura ザ・ミュージアム〉で開催される。
「バタン・バタン、バタン・バタン、頭を階段にぶつけながら、クマくんが二階からおりてきます」、『クマのプーさん』第1章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust
「プーとコブタが、狩りに出て…」、『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、 クライブ&アリソン・ビーチャム・コレクション © The Shepard Trust
「バタン・バタン、バタン・バタン、頭を階段にぶつけながら、クマくんが二階からおりてきます」、『クマのプーさん』第1章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust
「プーとコブタが、狩りに出て…」、『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、 クライブ&アリソン・ビーチャム・コレクション © The Shepard Trust
展覧会では、イギリスの〈ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館〉が所蔵する200点以上に及ぶ原画や鉛筆素描画、手紙、制作資料を用いて、物語とキャラクターが生み出された過程を紹介していく。とくに、A.A.ミルンの息子で、物語のモデルとなったクリストファー・ロビン・ミルンと、そのぬいぐるみの“プー”、ストーリーに欠かせない個性的な動物など、「クマのプーさん」のキャラクターの元になった実際の人物や生き物たちの資料を見られる貴重な機会でもある。ミルン一家が実際に週末を過ごした、イギリスのアッシュダウンの森に基づいて作られた物語の舞台「100エーカーの森」のマップも公開。さらに1966年、〈ウォルト・ディズニー・カンパニー〉がアニメ化した当時の「クマのプーさん」関連グッズも展示される。
『クマのプーさん』初版本、1926年; メシュエン社によりロンドンにて出版;ジャロルド&サンズ社印刷、V&A内ナショナル・アート図書館所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London
E.H.シェパードの息子のグレアムが持っていたクマに似せて作られた〈シュタイフ〉製のぬいぐるみ。ドイツのぬいぐるみメーカーの〈シュタイフ〉は、1902年に、最初のテディベアを作ったことで知られる。テディ・ベア、マルガレーテ・シュタイフ製造、1906-1910年頃、モヘアのぬいぐるみ、Z. N.ジーグラー氏より遺贈、V&A子ども博物館所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London
クマのプーさん波佐見焼染付そば猪口。〈ウォルト・ディズニー〉のために製造。 2014年頃、V&A所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London
『クマのプーさん』初版本、1926年; メシュエン社によりロンドンにて出版;ジャロルド&サンズ社印刷、V&A内ナショナル・アート図書館所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London
E.H.シェパードの息子のグレアムが持っていたクマに似せて作られた〈シュタイフ〉製のぬいぐるみ。ドイツのぬいぐるみメーカーの〈シュタイフ〉は、1902年に、最初のテディベアを作ったことで知られる。テディ・ベア、マルガレーテ・シュタイフ製造、1906-1910年頃、モヘアのぬいぐるみ、Z. N.ジーグラー氏より遺贈、V&A子ども博物館所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London
クマのプーさん波佐見焼染付そば猪口。〈ウォルト・ディズニー〉のために製造。 2014年頃、V&A所蔵 © Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London
会場では〈ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館〉が制作した図録をはじめ、ピンバッジやマグカップ、トートバッグなどの限定アイテムが販売される予定だ。世界中で愛され続け、誰もが身近に感じてしまう「クマのプーさん」はどのように誕生したのか。その偉大な原点をのぞいてみよう。

『クマのプーさん展』

〈Bunkamura ザ・ミュージアム〉東京都渋谷区道玄坂2-24-1 TEL03 5777 8600。2月9日~4月14日。10時〜18時、金曜、土曜〜21時(入館は閉館30分前まで)。2月19日、3月12日休。入館料1,500円。