ヌードの歴史と意味を探ってみませんか?|青野尚子の今週末見るべきアート | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ヌードの歴史と意味を探ってみませんか?|青野尚子の今週末見るべきアート

ありふれた画題でありながら、時に論争の的になる「ヌード」。身体というもっとも身近なモチーフを表現したアートがイギリスから横浜に上陸しました。

オーギュスト・ロダン《接吻》。二人だけの世界に没入した彼らは、他の人など目に入らない。男性の筋肉と女性の柔らかい体の対比にも注目。
『ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより』展はイギリスの〈テート〉のコレクションを中心に、西洋美術における裸体表現の歴史をたどるもの。19世紀後半から現存する作家まで、ヌードを扱った多彩な作品が並ぶ。
フレデリック・レイトン《プシュケの水浴》。アングルら新古典主義の作家の影響も見られる。
展覧会はヴィクトリア朝時代のイギリスの画家、フレデリック・レイトンが描いた、うっとりするほど美しい女性の裸体から始まる。古代ギリシャ風の建物を背景に佇むなまめかしい女性はギリシャ神話に登場する女神プシュケだ。モラルにうるさいヴィクトリア朝時代にヌードを描くには「聖書や神話、物語のワンシーンを描いた神話画・歴史画である」というエクスキューズが必要だった。レイトンと同時代の作家たちはアダムとイヴや妖精の姿を借りて裸体を描いている。レイトンの女性は特定のモデルをそのまま描いたのではなく、複数の女性をもとにした理想の身体だ。現代の画像の加工に似ている。
左の彫像はハモ・ソーニクロフト《テウクロス》。理想的な男性の身体を表現してスポーツ・ブームを巻き起こした。
ラファエル前派の代表的な画家、ジョン・エヴァレット・ミレイ《ナイト・エラント(遍歴の騎士)》。女性を守る騎士の姿を描いた、と画家は説明している。
アンナ・リー・メリット《締め出された愛》(左)は国に寄贈された初の女性作家の作品。右はハーバード・ドレイパー《イカロス哀悼》。画中の花冠や竪琴ははかなさを象徴する。
ローレンス・アルマ=タデマ《お気に入りの習慣》。ポンペイの浴場をモデルに、水中で戯れる女性たちを描く。