東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館

2016年にパリのギメ東洋美術館での個展で発表された撮り下ろしの新作《東京墓情》を日本初公開。併せてギメ東洋美術館の写真コレクションから荒木がセレクトした幕末・明治の古写真を展示する。

Nobuyoshi Araki, “Tombeau Tokyo”, 2016, gelatin silver print ©Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery
大病を経て自身の死を強く意識する荒木が現在と過去を行き来し、この世とあの世の間の妖しい世界を紡ぎ出す。

〈シャネル・ネクサス・ホール〉

東京都中央区銀座3-5-3
シャネル銀座ビルディング4F TEL 03 3779 4001。6月22日〜7月23日。12時〜20時。会期中無休。入場無料。公式サイト

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!