〈ポンピドゥー・センター〉さん、40歳おめでとう! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈ポンピドゥー・センター〉さん、40歳おめでとう!

パリ中心部に建つ〈ポンピドゥー・センター〉が開館したのは1977年。今年は開館40周年の記念すべき年にあたります。貴重な工事中の写真とともに、アニバーサリー・イヤーの展覧会の数々を紹介します。

今やすっかりパリの顔となった〈ポンピドゥー・センター〉。 (c)Manuel Braun
〈ポンピドゥー・センター〉の構想が生まれたのは1969年。当時のフランス大統領、ジョルジュ・ポンピドゥーがボーブール地区の広大な空き地にそれまでにない多目的文化センターにしようと決意したことが始まりだった。それまでパレ・ド・トーキョーの一角にあった現代美術センターを拡張し、新しい図書館やフランスの作曲家、ピエール・ブーレーズのアイデアをもとにした音楽センターと一体になった施設を作りたいと考えたのだ。
スペクタクルな外付けのエスカレーター。 (c)Manuel Braun
遠景。カラフルなパイプはやっぱり目立ちます。 (c)Centre Pompidou
鉄のフレームと透明な空中回廊越しにパリの街並を眺める。 (c)Manuel Braun
鉄の巨大なジョイントが建物を支える。 (c)Centre Pompidou_photo Ph Migeat
設計者は1971年、フランスで初めての国際コンペで選ばれることになった。49カ国、681の応募者の中から選ばれたのはイギリスのリチャード・ロジャースとイタリアのレンゾ・ピアノのユニット。当時はまだそれほど知られた存在ではなかったが、現在はそれぞれ単独で活躍、二人とも建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞している。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます