瀬戸内国際芸術祭2016「夏会期」新作レポート! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

瀬戸内国際芸術祭2016「夏会期」新作レポート!

瀬戸内の夏をアートで楽しむ『瀬戸内国際芸術祭 2016』がいよいよ開幕しました。そこで、夏会期の新作の中で注目を紹介します!

女木島の小さな港を一望できる、ナウィン・ラワンチャイクン+ナウィン・プロダクション《西浦の塔(OKタワー)》。
第3回になる瀬戸内国際芸術祭 2016、夏会期がいよいよオープン。直島、豊島など7つの島と高松・宇野港周辺に、夏会期に向けて新しく登場した17作品を含む148作品が公開されている。
《西浦の塔》は島の人々が古い映画看板ふうのタッチで描かれている。
今回の特徴はアジアのアートをたっぷりと楽しめること。タイ、韓国、台湾など各国の香り漂うアートが登場した。女木島の《西浦の塔(OKタワー)》はその一つ、タイのナウィン・ラワンチャイクン+ナウィン・プロダクションの作品。上まで登ると海が見渡せる展望台になっているのだが、側面にはタイの古い映画看板ふうの絵が描かれている。これは塔がある西浦地区に住むお年寄りや制作に関わったナウィン・プロダクションの人たち。結婚式や子供など、島の人たちの思い出の写真をもとにしたものもある。塔に登ると人の声が聞こえてくる。ナウィンが地区の人々に「あなたにとってOKって何ですか?」と聞いた、その答えが流れてくるのだ。
完成した《西浦の塔》の前のナウィン・ラワンチャイクン。「OKタワー」の愛称はナウィンの父の店「OKストア」からとった。彼の故郷も女木島と同じように過疎化に悩んでいるという。
日本の他の地方と同様、女木島のこの地区も過疎化、高齢化に悩んでいる。

「私はアーティストだから、この村に残ってお年寄りたちの手伝いをすることはできません。でも記憶を残し、希望を感じられる作品をつくることができる。アーティストは一人で仕事をするイメージがあるけれど、私はコミュニティの人々といっしょにこの作品を作りました。OKは世界中どこでも通じる言葉。現代美術は難しいと思われているけれど、この作品ならみんなわかってもらえると思います」(ナウィン)
《西浦の塔(OKタワー)》女木島・西浦。夏・秋会期公開。9時〜16時30分。会期中無休。