北海道新幹線駅で輝く五十嵐威暢のオブジェ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

北海道新幹線駅で輝く五十嵐威暢のオブジェ。

3月に開通した北海道新幹線「新函館北斗駅」に五十嵐威暢のオブジェが登場。

ステンドグラスとは思えない軽やかな曲線。
4,300個のLEDで光るステンドグラスだ。単純な四角形や円ではない、フリーハンドの自由曲線によるステンドグラスは他に例がなく、制作に通常の数倍もの手間がかかっている。大沼国定公園など道南の光や大地を感じさせる“光の造形”だ。
全体で幅15.7M、高さ4Mの大作。

《ムクムク 水と光と大地に捧げる詩》

北海道新幹線「新函館北斗駅」改札口正面自由通路。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!