テーマは「エコロジー」。国内では10年ぶり、オラファー・エリアソンの大規模展。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

テーマは「エコロジー」。国内では10年ぶり、オラファー・エリアソンの大規模展。

日本では10年ぶりとなるエリアソンの大規模展が、3月17日から〈東京都現代美術館〉にてスタート。最初期の代表作も展示される。

オラファー・エリアソンの最初期の代表作《Beauty》(1993年) Installation view: Moderna Museet, Stockholm 2015 photo_Anders Sune Berg
Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 1993 Olafur Eliasson
1967年生まれのオラファー・エリアソンは、1990年代初めから、写真、彫刻、ドローイング、インスタレーション、デザイン、建築など、さまざまな表現活動を行ってきた。

その名を世界に知らしめたのは、ロンドン〈テートモダン〉のタービンホールに巨大な太陽と霧を創出した《ウェザー・プロジェクト》(2003年)だ。その後も、ニューヨークのイースト川に人工の滝を出現させた《パブリックアート・プロジェクト》(2008年)など、大規模なインスタレーションで高い評価を得ている。また近年は、電力にアクセスできない地域の人びとに届けられる携帯式のソーラーライト《リトルサン》(エンジニアのフレデリック・オッテセンと共同開発)など、社会的課題をめぐる取り組みにも力を注いでいる。
オラファー・エリアソン photo_Brigitte Lacombe, 2016 © 2016 Olafur Eliasson
〈東京都現代美術館〉で開催される『オラファー・エリアソン ときに川は橋となる』は、日本では10年ぶりとなる大規模な個展となる。

「エコロジー」をテーマに掲げ、環境や社会に対するアートの多面的な可能性を探求し続けるエリアソンの試みを紹介。植物を用いたインスタレーション、光と幾何学に対する長年の関心が反映された彫刻、写真のシリーズ、ドローイングと水彩画、公共空間への介入をめぐる作品などを展示する。暗闇の中に虹が現れる、最初期の代表作《ビューティー》(1993 年)も紹介。20年以上にわたりアイスランドの自然を撮影し続けてきた《溶ける氷河のシリーズ1999/2019》(2019年)は氷河の大きな変化が目で見えるかたちで展示を行う。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます