坂 茂らが、F.L.ライトの《タリアセン》にオマージュを捧げる。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

坂 茂らが、F.L.ライトの《タリアセン》にオマージュを捧げる。

建築家、フランク・ロイド・ライトが手がけた名作照明《タリアセン》を、日本のトップクリエイターが再解釈した特別モデルが誕生した。

坂 茂《紙のタリアセン》。「オリジナルのスケールを尊重しながら、紙管で再構築したデザイン」(坂 茂)
橋下夕紀夫《TALIESIN-J》。「タリアセンを日本的に表現することで、ライトの世界観の深度が増すのではないかと考え、会津桐と金沢箔という日本ならではの素材を採用した」(橋下夕紀夫)
橋下夕紀夫《TALIESIN-J》。
グルーヴィジョンズ《GRV2917》。「建築家であるライトが、木を抽象化させ立体作品にまで仕上げたタリアセンを、グラフィックデザインの視点で再び具象に近づけた木漏れ日のタリアセン」(グルーヴィジョンズ)
グルーヴィジョンズ《GRV2917》。
坂 茂《紙のタリアセン》。「オリジナルのスケールを尊重しながら、紙管で再構築したデザイン」(坂 茂)
橋下夕紀夫《TALIESIN-J》。「タリアセンを日本的に表現することで、ライトの世界観の深度が増すのではないかと考え、会津桐と金沢箔という日本ならではの素材を採用した」(橋下夕紀夫)
橋下夕紀夫《TALIESIN-J》。
グルーヴィジョンズ《GRV2917》。「建築家であるライトが、木を抽象化させ立体作品にまで仕上げたタリアセンを、グラフィックデザインの視点で再び具象に近づけた木漏れ日のタリアセン」(グルーヴィジョンズ)
グルーヴィジョンズ《GRV2917》。
落水邸やグッゲンハイム美術館、日本では旧帝国ホテルなどを手がけたことで知られる、近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライト(1867〜1959年)。ライトの生誕150周年を記念し、名作照明《タリアセン》の特別モデルが登場する。

四角いボックスのなかに収めたライトを遮光板で受けながら、光の多様な表情を見せる《タリアセン》シリーズは、ライトが1933年に改装を担当したヒルサイド・ホーム・スクールの体育館用のペンダント型《タイアンセン2》を原型に、さまざまなサイズのモデルが誕生した。

今回の特別モデルは、坂 茂(建築家)、橋本夕紀夫(インテリアデザイナー)、グルーヴィジョンズ(グラフィックデザイナー)という、日本を代表する3名のクリエイターが、ライトのタリアセンへの思いそれぞれの感覚で新たな照明のかたちへと昇華している。

『フランク・ロイド・ライトへのオマージュ』

〈T-ART HALL〉

東京都品川区東品川2-6-10
。問合せ/ヤマギワ TEL 03 6741 2300。11月23日〜26日。11時〜20時。