「窓学展 ─窓から見える世界─」開催。青山にレアンドロ・エルリッヒの宙に浮かぶ窓! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

「窓学展 ─窓から見える世界─」開催。青山にレアンドロ・エルリッヒの宙に浮かぶ窓!

窓を探求する「窓学」10周年を記念したエキシビション「窓学展─窓から見える世界─」が、東京・青山のスパイラルガーデンで開催されている。10月9日まで会期中無休、入場無料。奥深い窓の世界を楽しみながら学ぶことができる。

スパイラルガーデンの吹き抜けの空間に浮かぶレアンドロ・エルリッヒによる、インスタレーション《Window and Ladder - Leaning into History》。
窓学は「窓は文明であり、文化である」という思想のもと、YKK APが2007年より展開してきた研究活動だ。今回の展覧会では、国内外の建築家、写真家、アーティストなど、多彩な専門家による『窓』を主題にした研究内容や新作アート作品が発表されている。

最大の目玉は、金沢21世紀美術館の《スイミング・プール》でも知られるアルゼンチンのアーティスト、レアンドロ・エルリッヒによるインスタレーション《Window and Ladder - Leaning into History》。窓学に参加している建築家・原広司とのコラボレーションから生まれ、今回の展覧会のためにオリジナルで制作された作品だ。

円形の吹き抜け空間に、レトロな建物の壁が切り取られ、物体として宙に浮いている。現代の日本で身近にあるアルミ製はしごが掛けられた窓の下には、古びた「青山堂」の看板が。
《Window and Ladder - Leaning into History》
レアンドロ・エルリッヒ
今回の《Window and Ladder - Leaning into History》で、特に何を見て欲しいかをエルリッヒに尋ねた。

「不可能なことを作品として表現しているのがポイントです。昔の建物の壁が表しているのは、時間。この作品では、時間さえも止めています。頭の中で想像できても、実際にはできないことをつくり出しているのです」
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!