ガラスの折れ戸が内外をつなぐ坂茂の美術館。| OITA | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ガラスの折れ戸が内外をつなぐ坂茂の美術館。| OITA

いよいよ2015年4月24日にオープンする〈大分県立美術館(OPAM)〉。坂茂が設計した建物が11月に開かれた『OPAM誕生祭』でお披露目された。ファサードは地元の伝統工芸である竹工芸からヒントを得たデザイン。大きなガラスの折れ戸を開くと、半分外のような気持ちのいい空間が現れる。気軽に立ち寄れる開放的な空間でアートの可能性が広がる。

アトリウムにはマルセル・ワンダースらの、中庭には日本の現代工芸作家の作品が展示される予定。デザイン史などが専門の新見隆館長のもと、親しめる美術館を目指す。2015年4月24日開館。

〈大分県立美術館(OPAM)〉

大分県大分市寿町2-1
TEL 097 533 4500。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます