パリのコルビュジエ建築、救世軍の救助センター再生|Paris | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

パリのコルビュジエ建築、救世軍の救助センター再生|Paris

ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレによる1933年築(破損した外装を52年にコルブが再設計)の救世軍〈救済センター〉が4年の改修を経て今年再生。

52年の姿に蘇った外観。
ファサードの色やホールなどは忠実に再現しつつ、居住者の生活空間は現代のニーズに合わせ再設計。近い将来、1部屋のみ外部者の宿泊も可能になるとか。
公共ホール。ル・コルビュジエの近代建築5原則が実現される建築として貴重。

〈La Cité de Refuge〉

12, rue Cantagrel 75013Paris
。毎月第2・最終木曜はガイド付き見学可(c_refuge.visit@yahoo.comより要予約)。公式サイト

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!