国宝にアート。名建築が会場になる『マツモト建築芸術祭』初開催。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

国宝にアート。名建築が会場になる『マツモト建築芸術祭』初開催。

長野県松本市の国宝や国登録有形文化財などが会場になり、アート作品を展示する建築芸術祭が2022年1月29日から2月20日まで、初開催される。

国宝〈旧開智学校〉は明治時代初期の擬洋風建築の校舎。近代学校建築では初の国宝指定。アート作品との相乗効果で特別な空間に変化する。
工芸や民藝、芸術など、独自の文化を持つ長野県松本市。国宝や国登録有形文化財など、実は名建築も魅力のひとつ。国宝<旧開智学校>をはじめ、松本市内の十数カ所の名建築が会場となり、様々なアーティストとコラボレーションする『マツモト建築芸術祭』が開催される。
明治23年創業の〈割烹 松本館〉は登録有形文化財。99畳の大広間〈鳳凰の間〉は高村光雲の弟子で松本出身の彫刻家、太田南海が設計、監修、彫刻を担当。百花百鳥をテーマにした天井画も見どころ。
〈松本丸の内ホテル〉内のレストラン棟アルモニービアンは旧第一勧業銀行ビルで、昭和初期に建てられた登録有形文化財。天井の高さや大きな窓が歴史を感じさせる建物。
会場となるのは、ノスタルジックな趣のある建物が中心。登録有形文化財では他に〈池上邸土蔵、かわかみ建築設計室(旧松岡医院)〉、〈松本聖十字教会〉、〈レストランヒカリヤ(旧光屋)〉、〈松本聖十字教会〉が、長野県宝(長野県有形民俗文化財)では〈旧念来寺鐘楼>などが確定している。写真館や茶房などもラインナップされており、街歩きも一緒に楽しむことができる。
総合ディレクターおおうちおさむ(アートディレクター・グラフィックデザイナー)が手掛けたロゴは松本市を取り巻く山岳と名建築がモチーフ。五月女哲平の作品を起用したポスター。
出展アーティストは磯谷博史、井村一登、石川直樹、太田南海、河田誠一、釘町彰、白鳥真太郎、五月女哲平、土屋信子、 中島崇、本城直季、松澤宥、山内祥太、ロッテ・ライオンが予定。

日本各地で芸術祭が開催され、長野県内でも大町市で『北アルプス国際芸術祭2020-2021』が閉幕したばかり。地域とアートだけでなく、建築というテーマが加わったことが独特だ。松本の新たな魅力を名建築から発見したい。

マツモト建築芸術祭

〈旧開智学校〉(長野県松本市開智2丁目4-12)ほか、松本市内十数か所。2022年1月29日~2月20日。会期中無休。無料。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!