【独占】SANAAが描く建築の意味と未来とは? 最新展覧会『環境と建築』が開催! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

【独占】SANAAが描く建築の意味と未来とは? 最新展覧会『環境と建築』が開催!

『カーサ ブルータス』2021年12月号より

妹島和世+西沢立衛/SANAAの展覧会『環境と建築』が、〈TOTOギャラリー・間〉にて開催中。2人の建築へのアプローチを体感できる今展について、そして彼らの作る建築と環境の繋がりについて、妹島さん、西沢さんへ独占インタビューを敢行しました。

〈蘇州獅子山広場芸術劇場〉の模型のそばで。展示されている模型は、基本的に実際に事務所でも使っているもの。二人の設計のプロセスをリアルに体感できる展示だ。撮影・ホンマタカシ。photo_Takashi Homma
「建築が人と環境を切り離す “境界” になるのではなくて、むしろ周囲の敷地に溶け込んでいくような、そこにいる人たちが環境に繋がっていくような場になるといい。私たちのそんな考えを伝える展示を目指しました」

乃木坂〈TOTOギャラリー・間〉で開催中の妹島和世+西沢立衛/SANAA展『環境と建築』でそう話す妹島。本会場での展示は、建築家としての活動を始めて今回で3回目。
展示は2フロア+外部空間で構成される。下階はプロジェクトの敷地周辺の環境を理解できる大きな模型が中心。
最新展の中心は、現在世界各地で絶賛進行中のプロジェクトだ。中国・深圳市の約10万平米(!)の海洋博物館、2024年度完成予定の〈新香川県立体育館〉、第2次世界大戦時に使われていた廃油タンクも利用するオーストラリア・シドニーの州立美術館の増築、アントワープの高層マンション……と規模も用途もさまざまな17作品が、2フロアの会場で展開している。妹島が話す。

「ギャラリー・間はあまり大きくはない会場ながら、下階と上階に分かれ、さらに外部空間もあって展示が難しい(笑)! それだけに挑戦のしがいもあります。今回は、下階では周辺環境と建物の関係を示す全体模型を、上階ではそれぞれの設計段階におけるディテール模型を展示しています」
新香川県立体育館 妹島和世+西沢立衛/SANAA。サンポート高松に新たに誕生する、3つのアリーナからなる体育館。瀬戸内海に浮かぶ島のような形の建物は、多方向からアクセス可能。
スタジアム内部。大屋根と一体になった開放的なつくり。
美しい架構を再現。展示模型はすべて、実際に事務所でスタディなどに使っているものを展示している。
アリーナとアリーナをつなぐ架構。奥側は海。
蘇州獅子山広場芸術劇場 妹島和世+西沢立衛/SANAA。再整備中の都市公園の中に計画中の芸術劇場。湖に面し、山を望む敷地から散策するように建物の中へと動線が引き込まれる。
断面模型。周辺の公園の景色になじんでいく建築。
原寸の1/5サイズで作られた架構部分の詳細模型。この大きさと精度で確認したディテールが、建築に生かされていく。
ニューサウスウェールズ州立美術館増築 シドニーモダンプロジェクト 妹島和世+西沢立衛/SANAA。湾に向かって傾斜し、地階にはオイルタンクのある敷地を取り込みながらつくる美術館。
深圳海洋博物館 妹島和世+西沢立衛/SANAA。総面積約10万平米の巨大な博物館。水平に広がる雲のようなランドスケープの中を自由に回遊できる。建物全体が透過性のある素材で覆われる。
プロジェクトを鳥瞰できる下階の模型群を通じて見えるのは、建築と周辺環境を一体に考えていくSANAAのダイナミックな視点。一方で上階の模型群は、そのダイナミックさを成り立たせるディテールがどれほどに繊細なものかを教えてくれる。西沢が話す。

「下階の模型は敷地と建物の関係性を、上階の模型は建物の骨格と柱梁の関係性を考えている過程です。“最適な関係性を築く” という意味では、実はどちらのアプローチも同じなんですよ」

設計の各段階によって視点のありかを変えていく。その視点の変化の自在ぶりと、どこかの視点に偏らない自由さには感嘆するばかり。妹島の言葉通りに小ぶりの会場ながら、たっぷりと「建築を見た」という気持ちになれる展示だ。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!