田根剛が改修する〈弘前れんが倉庫美術館〉来春オープン! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

田根剛が改修する〈弘前れんが倉庫美術館〉来春オープン!

いよいよ2020年4月にオープンする〈弘前れんが倉庫美術館〉。奈良美智ともゆかりのある地で赤れんがの建物を田根剛がリノベーション。ダイナミックな空間が観客を出迎えます。

上空からみたシードル・ゴールドの屋根。 ©Atelier Tsuyoshi Tane Architects
〈弘前れんが倉庫美術館〉の建物は明治・大正期に建設された〈吉野町煉瓦倉庫〉を再生させたもの。戦後、シードル工場や倉庫として使われていた建物だ。改修を担当した田根剛は日本で初めて本格的にシードルを製造していたこの建物の歴史に敬意を表して「シードル・ゴールド」に輝く屋根を採用した。

「朝は白金のように、正午には黄金に輝き、夕陽をうけて赤金のシードル色に染まる」と田根は言う。
〈弘前れんが倉庫美術館〉の元となった〈吉野町煉瓦倉庫〉外観。 ©Naoya Hatakeyama
壁には漆喰が分厚く塗られていたが、それを剥がして、下のれんがを露出させ、床も赤れんがで覆った。「ミュージアム・ロード」と名づけられたパブリック・スペース、誰もが気軽に立ち寄れるカフェ・ショップなど、開かれた場となるような工夫もされている。
高さ15メートルの大型展示空間。 ©Atelier Tsuyoshi Tane Architects
開館記念として2020年4月11日〜8月31日に開かれる展覧会は8名の作家による『Thank You Memory ー醸造から創造へー』。シードルの原料であるりんごに着目したジャン=ミシェル・オトニエル、れんが倉庫に残された古い建具などを組み合わせたインスタレーションやパフォーマンスを見せる笹本晃など、場の記憶をもとにした作品が並ぶ。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます