復活した名車を走らせ、山陰の有名美術館へ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube

復活した名車を走らせ、山陰の有名美術館へ。

大山を望む最高のロケーションにそびえ立つのは、故郷山陰を舞台に活躍した写真家・植田正治の美術館。日本で蘇ったアバルトで、贅沢な空間を体感しに行きました。

1995年に開館した植田正治写真美術館。建築家の高松伸、主役の植田正治ともに高名ゆえ、この施設のことも本やネットの情報で知ったつもりになっている読者も多いだろう。しかし実際に訪れると発見があるもので、今回はまるで新築のような建物の表情に一瞬目を疑った。聞けば2015年の夏、外壁に大々的なクリーニングを施したという。周りの田園風景と輝く白壁とのコントラストが実に強い。

この館はバブル経済全盛期に構想され、それが急速に冷え込んだころに竣工した。それから20年を経た今、真っさらに近い形で向き合ってみると、バブル時代を冷静に見直すことができる。4つのキューブと大きく湾曲したバックヤードの壁とを組み合わせた建物が当時斬新だったのは疑いようもないが、館内の魅力的な空間づくりは今なお変わらぬ価値をたたえている。各所のしつらえはシンプルでモダンに徹し、どの空間にも余裕がたっぷり与えられている。それが植田作品のスケール感をさらに増し、同時に静かな余韻をもたらす。伯耆富士、大山を借景にしたというが、これは名峰を丸ごと独り占めにしていると言っても過言ではない。たった一人の写真家のためにこれほどの立地と建物を差し出す贅沢。当時の時代性抜きには考えられないだろう。
キリッとした直線と緩やかな曲面のバランスが見事。
映像展示室自体が暗箱(カメラ・オブスキュア)と化し、外の風景が壁面に逆さに映し出される。メイン写真いちばん左の建物の穴に巨大レンズが設置されている。
写真展示室と逆さ大山を望む窓が交互に並ぶ。