Chill CARS|明快な設計思想を持った、永遠のスポーティ・サルーン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

Chill CARS|明快な設計思想を持った、永遠のスポーティ・サルーン。

『カーサ ブルータス』2021年7月号より

高級車メーカー〈BMW〉が生み出すサルーンは、思い通りに走れるハンドリングと、切れ味良いエンジンフィール、高品質を特徴とする。そのわかりやすい哲学により、多くのユーザーを虜にし続けてきた。

BMW 2002
現代に至るこのイメージを生み出したのが、1961年に発表した新世代サルーン《1500シリーズ》と、1966年デビューの2ドアサルーン版《02シリーズ》だった。中でも1968年に追加された《2002》は、さらにエンジンの性能を向上。実用性を備えたスポーティ・サルーンとして、今なお高い人気を誇る。

その理由に、《2002》が全体的に持つ明快さが挙げられよう。余分なデコレーションやプレスラインも見られない内外装は、極めてスッキリとした印象だ。大きな窓と細いピラーも、繊細なスタイルを強調。尖ったようなノーズからは、精悍さも感じられる。軽くコンパクトな車体に高出力エンジンを積むという、高性能車のセオリーで開発されていることも、クルマのキャラクターとして明快だ。

《2002》は、デビューから50年以上が過ぎた。登場時と現代では、交通環境や時代背景が大きく異なるのは確かだが、良いクルマと評価されるためのファクターは、当時とあまり変わっていない。だからこそ、明快な設計思想を持つ《2002》は、2021年の路上でも大いに輝いて見える。この魅力は、これからも褪せることはないだろう。まさに永遠のスポーティ・サルーンなのである。
繊細さと精悍な印象を兼ね備えた外観。丸いライトが優しい表情を与える。
左右をつまんで持ち上げたようなヘッドレストは、70年代ドイツ車で多用された。
ダッシュボードを中心に内装の仕上げレベルは高く、クルマ全体の高級感を無言で醸し出す。
メッキバンパーやボディを一周する銀色のモールは、前後のデザインを効果的に引き締める。

country: Germany
year: 1968-76
seats: 5
size: L4,230×W1,590×H1,410mm
price: approx 3,000, 000 yen

special thanks to Yohei Koyama
※データと価格は、撮影車両を参考に算出したものです。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!