Chill CARS|日用品のようでありながら、品格を備えたクルマ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

Chill CARS|日用品のようでありながら、品格を備えたクルマ。

『カーサ ブルータス』2021年1月号より

使い勝手が良く、見た目が気に入る日用品・道具というものがある。そうした良品に共通するのは、無駄がなく、華美でもなく、かといって質素すぎず、基本に忠実で普遍的なプロダクトということではないだろうか。

プジョー 504
1968年、フランスの〈プジョー〉が発売した同社の中堅車種が《504》である。独創性が強く前衛芸術のような〈シトロエン〉、時代を先取りするアイデアに満ちた設計が特徴の〈ルノー〉などのライバルと比べると、特段変わったメカニズムを持たなかったものの、広い室内・荷室は、セダンに求められる実用性を十分に満たしていた。

内外装デザインはごく普通ゆえに飽きを感じさせない。かといって決して退屈ではなく、また華美でも質素でもなく、品格をすら感じられるのは、イタリアの名門〈ピニンファリーナ〉の見事な手腕によるものだ。エンジンは丈夫でパワーは過不足なく、ボディや足回りは堅牢。メンテナンスを行えば、ずっと乗り続けられる。

このように、実用車として十分な性能と装備を持っており、かつタフで余計なものも付いていなかった《504》は、まさに自動車界の良品。「足るを知る」という言葉が、これほど似合うクルマも存在しない。フランスのみならずアフリカや南米などでも生産され、ベストセラーとなったことが、何よりもその証拠となろう。発表から50年以上経った現在もなお、普遍的な魅力を放ち続けている。
程よくメッキが施され、シンプルながら品位を感じさせる内装。
吊り目ヘッドライトは、1968年当時としては斬新。奥には、かつてフランス車が標準装備していたイエローバルブが滲む。
トランク部の途中から急角度で下がるリアスタイルが特徴。テールランプの造形も優しい。
ヘッドレストを格納可能なレザーシートは、ソファのような座り心地。
dummy
country: France
year: 1968-83
seats: 5
size: L4,490×W1,690×H1,460mm
price: approx 2,800,000 yen
special thanks to Yoshihiro Suto
※データと価格は撮影車両を参考に算出したものです。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!