この秋、尾道にスタジオ・ムンバイによる多目的施設〈Log〉が誕生! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

この秋、尾道にスタジオ・ムンバイによる多目的施設〈Log〉が誕生!

ビジョイ・ジェイン率いるスタジオ・ムンバイが、広島県尾道市の山の手にある昭和38年竣工のアパートメントを大型リノベーション! 2014年からじっくりと温められてきた施設のプランを、ビジョイ・ジェイン自身の言葉とともにご紹介しよう。

2016年、8回目の現場の下見に訪れたビジョイ・ジェイン。この時点で建物はほぼスケルトン状態となっていた。
瀬戸内の港町、尾道。港から山側に東西に街が広がり、風光明媚でのどかな観光地として知られている。尾道で古くからの観光名所として知られるのが、山の中腹にある〈千光寺〉。その〈千光寺〉に上がっていく途中の坂道に位置するのが、今回スタジオ・ムンバイがリノベーションを行う多目的施設〈Log〉だ。
〈Log〉の完成イメージ。周囲と調和し、花や緑に囲まれながら海を見下ろすことができる施設だ。
この秋〈Log〉として生まれ変わる昭和38年に建てられた鉄筋コンクリート3階建てのアパートメントは、当初、先進的な山の手の集合住宅として新婚さんを中心に人気の物件だったという。年月が経ち、地域の高齢化が進んだ今、周囲には空き家が少しずつ目立ってきてしまった。

尾道を拠点に地域再生を手がける〈ディスカバーリンクせとうち〉はそんな状況を変えるべく、外から来る人たちも地元に住む人たちも自由に行き交う多目的な施設をつくることを考えた。彼らは2013年に直接インド・ムンバイのスタジオにビジョイ・ジェインを訪ね、地域再生への思いを共有することでプロジェクトをともにすることが決まった。
2016年時点のアパートメント外観。周囲には松や柑橘類などの木々が青々と茂っている。
港から山を見上げると、〈千光寺〉や住宅などが山の中腹に点在するのが見える。
スケルトン状態となった建物をくまなく見て回るビジョイ・ジェイン(2016年)。