【特別連載】皆川 明の旅の日記 #5 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

【特別連載】皆川 明の旅の日記 #5

6月、北欧に出かけたミナ ペルホネンデザイナー皆川 明が、旅の合間に見つけたあれこれを綴ります。

6月21日朝。
昨日から宿はユースホステルです。懐かしくてうれしくなります。もうすぐ50才がドミトリールームでは、周りにとってスペース以外の窮屈さがあると思い、シングルルームにしました。
朝ごはんは20分ほど歩いて湖畔のカフェに行きました。八王子にアトリエがあったときに親しんだ喫茶店のような空気がまた郷愁を感じさせてくれます。音楽もフィンランドのニューミュージック、松任谷由実的な音楽です。


午後まではゆっくり散歩。
自転車も借りてみようと思います。

ほかの日記を読む

皆川 明

みながわあきら 〈ミナ ペルホネン〉デザイナー。1995年にブランドを設立。生地から手がける服は独特の世界観をもつ。近年では家具、食器、インテリアファブリックなどのデザインも手がけ、活動の幅を広げている。2016年には青山にライフスタイルショップ〈call〉、2017年には代官山に素材を売る店〈マテリアリ〉、金沢に町家を改装した〈ミナ ペルホネン金沢店〉など新店も続々。著書多数。本誌からも書籍『今日のまかない』特別編集ムック『ミナ ペルホネンと皆川 明』を発刊。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!