【岐阜・美濃】甲斐みのりがめぐる、伝統的建築と美濃和紙の旅|TRIP BASE STYLE presents | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

【岐阜・美濃】甲斐みのりがめぐる、伝統的建築と美濃和紙の旅|TRIP BASE STYLE presents

JR名古屋駅から車で1時間弱。「美濃和紙」で知られる岐阜県美濃市は、江戸から明治にかけて造られた商家が並ぶ町並みを擁する岐阜県有数の観光地としても人気のエリアです。この地で見るべき建築スポットと、長年地元の人々に愛されてきた美味しいものなどを、道の駅に隣接するロードサイド型のホテル〈フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜美濃〉に泊まりながら、文筆家・甲斐みのりさんがじっくり紹介していきます。

美濃市の重要伝統的建造物群保存地区〈うだつの上がる町並み〉。屋根の両端を一段高くし、火災の時の類焼を防ぐ防火壁“うだつ”は、「うだつが上がらない」という言葉の語源でもある。
〈うだつの上がる町並み〉にある小坂酒造。江戸時代から続く酒蔵で、建物は国の重要文化財にも指定されている。
大正5年の竣工で、現存する日本最古の近代吊橋〈美濃橋〉。橋長は113m、幅員3.1mで、橋上からの眺めもいい。
長良川越しに望むホテル〈フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜美濃〉。「道の駅」とホテルを拠点に、地元の食や温泉など、地域の魅力を楽しむために宿泊に特化している。 積水ハウスとマリオットの「Trip Base道の駅プロジェク ト」が展開を進める「フェアフィールド·バイ·マリオット」の先駆けとなったホテルだ。

「TRIP BASE SYTLE」とは?

ただ観光名所を巡るのではなく、自分自身の興味を軸に、その地域の魅力を味わい尽くす──そんなクリエイティブな旅を提案するのが「TRIP BASE SYTLE」。その地域の魅力が詰まった「道の駅」と「フェアフィールド・バイ・マリオット」に泊まりながら、達人とともに「TRIP BASE SYTLE」ならではの旅をお届けします。
「TRIP BASE SYTLE」公式サイトはこちら


●美濃の知られざる魅力を発見する旅へ
オリジナルデジタル観光マップ「美濃よりみちマップ」はこちら

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!