〈パーク ハイアット 京都〉のエレガンスを気軽に体験する。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈パーク ハイアット 京都〉のエレガンスを気軽に体験する。

営業再開に合わせ、ビストロカフェ〈KYOTO BISTRO〉がテイクアウトメニューの提供を開始。また、8月末まで日帰りプランも用意している。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全館休業していた〈パーク ハイアット 京都〉が、7月1日から全面的に営業再開を果たした。
2019年10月、日本で25年ぶり、東京に次ぐ2軒目の「パーク ハイアット」ブランドとして誕生した〈パーク ハイアット 京都〉は、文化の粋を極めた京都の魅力と「パーク ハイアット」のエレガンスが融合するラグジュアリーゲストハウスだ。スイート9室を含む全70室の客室、4つの料飲施設、宴会場、ウエルネスセンターを完備。京都・東山三十六峰を背に高台寺の前のねねの道を下り、世界遺産・清水寺へ至る二寧坂に面したロケーションにあり、敷地から京都市街と八坂の塔を同時に眺望できるのも魅力だ。

営業再開に合わせ、ビストロスタイルのカフェ〈KYOTO BISTRO〉に、自宅で楽しめるテイクアウトメニューが登場。洗練されながらもアットホームな雰囲気の〈KYOTO BISTRO〉の料理をより気軽に、また安心して楽しむことができる。
メニューは、2020年4月に〈KYOTO BISTRO〉の料理長に着任した平久江裕を中心に考案。事前予約制で全12種類──、7種類のメインディッシュ、3種類のサイドディッシュ、2種類のデザートを用意した。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます