〈星野リゾート〉初の自転車を楽しむサイクリングホテル。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈星野リゾート〉初の自転車を楽しむサイクリングホテル。

星野リゾートが手がけるサイクリングホテル〈星野リゾート BEB5土浦〉が、茨城県土浦市の体験型サイクリングリゾート〈PLAYatre TSUCHIURA〉内にオープンしました。

自転車と泊まれる客室「サイクルルーム」。“居酒屋以上、旅未満。仲間とルーズに過ごすホテル”をコンセプトに、カラフルで気取らない雰囲気を演出。壁に自分の愛車を掛けることができる。
〈星野リゾート BEB5土浦〉のロビー。自転車と一緒にチェックイン・アウトすることができる。これまでの星野リゾートにはないアウトドア向けの内装だ。
3月19日にソフトオープンした星野リゾート初のサイクリングホテル〈星野リゾート BEB5土浦〉は、自転車好きなら一度は訪れたいスポットだ。星野リゾートがこれまで展開してきた「星のや」「リゾナーレ」「界」「OMO」に続き、5つ目のブランドとなる「BEB」シリーズ。〈BEB5土浦〉は軽井沢に続く2軒目となり、国内最大級・日本初の駅直結サイクリング特化施設として星野リゾートならではの“輪泊”が楽しめる。ホテルがオープンするのは、JR土浦駅に直結するサイクリングリゾート〈PLAYatre TSUCHIURA〉内。自転車と一緒にチェックインとチェックアウトができる「サイクルイン・サイクルアウト」や、自転車と一緒に練り歩いてもストレスがないゆとりのある設計が特徴だ。

〈PLAYatre TSUCHIURA〉は全長180kmのサイクリングコース「つくば霞ヶ浦りんりんロード」のスタート地点として、2018年にオープンしたサイクリングを楽しむ人のベースキャンプ。その3〜5階が〈星野リゾート BEB5土浦〉となっている。
「つくば霞ヶ浦りんりんロード」のサイクリング拠点施設〈PLAYatre TSUCHIURA〉。B1、1階にあるバイクベース〈りんりんスクエア土浦〉は、サイクリスト向けのサービスが全て揃ったサイクリング拠点となっている。
駅上の2階に位置するエリア〈PLAYatre TSUCHIURA〉のステーションロビー。JR土浦駅直結でアクセス良好。
地元茨城のフードショップとブックストアを組み合わせたマーケットゾーンや、書店も入っている。
日本百名山のひとつである筑波山や、日本で2番目に大きな湖である霞ヶ浦、世界一大きなブロンズ立像の牛久大仏などサイクリングを楽しむ人にはぴったりの茨城県。全長約180kmの「つくば霞ヶ浦りんりんロード」をはじめ、自転車に優しい地域づくりが盛り上がりを見せている。いろいろな自転車をレンタルできるスポットも多く、初心者でもレベルの心配は無用。土浦駅直結の〈星野リゾート BEB5土浦〉は思い立ったらすぐに行けるリゾートとして、この夏の気分転換にぴったりだ。

〈星野リゾート BEB5 土浦〉

茨城県土浦市有明町1-30。全90室。1泊2名1室利用時、1名あたり6,000円〜(食事別)。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます