ホスト役はモナ・リザ?ルーヴル美術館貸切の一夜。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ホスト役はモナ・リザ?ルーヴル美術館貸切の一夜。

『カーサ ブルータス』2019年7月号より

4月30日、Airbnbとルーヴル美術館が共同企画した「ルーヴル貸切宿泊」当選者が過ごした至福の夜を報告!

翌朝〈ミニピラミッド〉で目覚めた二人にはフランス風にベッドに朝食が運ばれたとか。夢のようなシチュエーションでなんともラブリー!
世界の旅人が利用するAirbnbはさまざまな人のおうちに宿泊するシステムだから、そもそもがフランス王の居城だった「ルーヴル美術館に泊まろう!」だってあり!? で、今春、本当にそんな企画があったんです。
モナ・リザが迎える特設のラウンジで、ルネッサンス風の食前酒でアペリティフを楽しむダニエラとアダム。
イオ・ミン・ペイ設計のガラスのピラミッド竣工30年を記念してルーヴル美術館とAirbnbが特別共同企画した『ルーヴル美術館で過ごす夜』。コンテストの課題「あなたがモナ・リザの完璧なゲストにふさわしい理由」に殺到した18万2000人あまりの応募者の中から選ばれたのは、イーゼル画の保存を専攻するダニエラだ。ボーイフレンドのアダムと4月30日、ルーヴル美術館を目指してパリへ。
ディナーは、ミロのヴィーナスが迎える特設ダイニングルームでフレンチのコース。
フランスのアーティスト、サラ=ジャンヌ・ジエグレによる食後のプライべートコンサートを楽しむ二人。
閉館後の静まりきった夜のルーヴル美術館を貸切で美術鑑賞。
ディナーは、ミロのヴィーナスが迎える特設ダイニングルームでフレンチのコース。
フランスのアーティスト、サラ=ジャンヌ・ジエグレによる食後のプライべートコンサートを楽しむ二人。
閉館後の静まりきった夜のルーヴル美術館を貸切で美術鑑賞。
一夜限りの“ルーヴルという家”へ招待されたからには、まずは美術鑑賞だ。閉館後の静まり返った館内をプライベートガイドが二人を案内。続くアペリティフの空間でついにモナ・リザと乾杯! さらに特設ダイニングで夕食をともにするのは愛と美の女神、ミロのヴィーナス。食後はナポレオン三世の贅沢なサロンでコンサートを楽しむ。そして、ガラスのピラミッド内に特設された〈ミニピラミッド〉のベッドルームで就寝。次々と展開する前代未聞の恐悦至極な状況のなか眠れたの? と思いきや、「信じられない体験ばかり。でも一夜にあまりに多くの経験をしたのでぐっすり眠れました」とダニエラ。

自分とは別世界の話と思いきや、5月からコンサートや美術鑑賞など、イベントの募集がスタート。まずは応募だ!

5月から一般募集も開始。少人数限定の美術鑑賞やコンサートなど、ルーヴル美術館の特別企画も開催予定だ。新たな企画の詳細と予約はAirbnbのプラットフォームをチェックしよう。公式サイト