『おいしい名建築さんぽ』アウトテイクからのベスト5! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

『おいしい名建築さんぽ』アウトテイクからのベスト5!

『カーサ ブルータス』2018年9月号より

甲斐みのりさんの新刊テーマは建築×食べ物。そこには掲載できなかった5軒を特別に公開。

1988年誕生の正統派喫茶店。 蔦珈琲店 山田守設計。自宅兼設計事務所として建てられたものをカフェに。「テーブル席からは都心とは思えないほど豊かな緑の庭を眺められます」。●港区南青山5-11-20 TEL 03 3498 6888。
蔦珈琲店 クロックムッシュセット1,300円。
1988年誕生の正統派喫茶店。 蔦珈琲店 山田守設計。自宅兼設計事務所として建てられたものをカフェに。「テーブル席からは都心とは思えないほど豊かな緑の庭を眺められます」。●港区南青山5-11-20 TEL 03 3498 6888。
蔦珈琲店 クロックムッシュセット1,300円。
舞台の前後にも利用したい。 カフェ ア・ラ・ティエンヌ 村野藤吾設計の劇場ビル内に。「村野さんの作る乙女な建築が大好き。床のタイルは必見。照明の配置もかわいい」。●千代田区有楽町1-1-1 日生ビル1F TEL 03 3595 0565。
カフェ ア・ラ・ティエンヌ ケーキセット1,000円。
舞台の前後にも利用したい。 カフェ ア・ラ・ティエンヌ 村野藤吾設計の劇場ビル内に。「村野さんの作る乙女な建築が大好き。床のタイルは必見。照明の配置もかわいい」。●千代田区有楽町1-1-1 日生ビル1F TEL 03 3595 0565。
カフェ ア・ラ・ティエンヌ ケーキセット1,000円。
美術家のアトリエをカフェに改装。 カフェアリエ 磯崎新デビュー作。ネオダダの中心人物、吉村益信のアトリエ兼住居だった建物を改装。「暮らしの気配が感じられます」。●新宿区百人町1-1-8 TEL 03 3209 8686。
カフェアリエ チキンとごろごろ野菜のカレー800円。
美術家のアトリエをカフェに改装。 カフェアリエ 磯崎新デビュー作。ネオダダの中心人物、吉村益信のアトリエ兼住居だった建物を改装。「暮らしの気配が感じられます」。●新宿区百人町1-1-8 TEL 03 3209 8686。
カフェアリエ チキンとごろごろ野菜のカレー800円。
明治時代の赤レンガの建物を復元。 Café1894 ジョサイア・コンドル設計の三菱一号館美術館(復元)にあるカフェ・バー。「元銀行の営業室だったので天井が高く壮麗」。●千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館1F TEL 03 3212 7156。
Café1894 ダイヤモンドダスト900円。
明治時代の赤レンガの建物を復元。 Café1894 ジョサイア・コンドル設計の三菱一号館美術館(復元)にあるカフェ・バー。「元銀行の営業室だったので天井が高く壮麗」。●千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館1F TEL 03 3212 7156。
Café1894 ダイヤモンドダスト900円。
中世ロマネスク風のクラシックビルに。 銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ森山松之助設計。大理石やチーク材を使った、1930年竣工のビルの1階。「神殿に入るようでワクワク」。●中央区銀座2-8-20 ヨネイビル1F TEL 03 3562 2721。
銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ クープ・ペッシュ3,240円(税込・ドリンク付き)。
中世ロマネスク風のクラシックビルに。 銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ森山松之助設計。大理石やチーク材を使った、1930年竣工のビルの1階。「神殿に入るようでワクワク」。●中央区銀座2-8-20 ヨネイビル1F TEL 03 3562 2721。
銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ クープ・ペッシュ3,240円(税込・ドリンク付き)。
ロマンチックで乙女なデザインが好き、というイメージがある文筆家の甲斐みのりさん。しかし、実は筋金入りの建築好きでもある。ただし、その視点も彼女独特だ。

「建築に興味を持ち始めたのは、京都に住んでいた20代の頃から。ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した駒井家住宅が大好きで。最初はクリスタルのドアノブがかわいいとか、窓枠が素敵だなあとか、細部に目が行っていました。そこからだんだんと建築そのものを見たり、体験するのが好きになっていったんです」

その後、著書『クラシックホテル案内』(KKベストセラーズ)にもあるように、趣味でクラシックホテルを泊まり歩くようになり、それにつれて、建築家の名前も覚えていった。「でも、この本でもそうですが、私の場合、いわゆる箱としての建築だけでなく、その建物にまつわる物語に興味があるんです。どういう経緯で作られたとか誰が訪れたとか。その建物が持つ歴史を想像しながら体験するのが楽しいですね」

だから、今回の新刊『歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ』でも、自分がいつも建築を見る、散歩をするような視点を大切にした。「食べられるところがあると滞在時間が長くなるし、座ると視線が低くなって、ふだんは気づかないようなディテールをじっくりと眺められます。この本が、建築の持つちょっと違う魅力の発見に役立ったら嬉しいです」

持ち運びが楽な小さめサイズ!

『歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ』 明治〜昭和初期に建てられた有名建築家の作品から、個人的に好きな建築まで、著者が散歩をしながら見つけた食べる場所があるところを紹介。エクスナレッジ刊/1,400円。

甲斐みのり 文筆家。1976年静岡県生まれ。旅や散歩、お菓子などを題材に独自の感性にて執筆。著書に全国各地で食べたパンを紹介する『地元パン手帖』、愛らしいデザインの包み紙を集めた『お菓子の包み紙』(共にグラフィック社)など。