ノーマン・フォスターの名建築がプリントされた〈シャトー・マルゴー〉新ボトル。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ノーマン・フォスターの名建築がプリントされた〈シャトー・マルゴー〉新ボトル。

ボルドー、メドック地区の最高峰ワインである〈シャトー・マルゴー〉が、特別な年、2015年のヴィンテージを記念してこの年度限定のボトルデザインを発表した。

16世紀より、世界で最も素晴らしいワインとして認められてきた〈シャトー・マルゴー〉のグラン・ヴァン。11月15日に発表された新ボトルは、マットなブラックのボディにグレーとゴールドのシルクスクリーンプリントが施された、まったく新しいデザイン。通常のエチケットとは違いガラス面に直接プリントされたラベルが、他にはない静かなエレガントさとモダンさを生み出している。
新デザインは2015年のグラン・ヴァン限定で、マグナム、ダブルマグナム、インペリアル、バルタザールの4種類。直接ボトルにシルクスクリーンプリントを施すのは、ブランド史上初の試みだ。(c) G. de Beauchene
ボトルに浮かびあがるのは、シャトーと2015年に竣工した新セラー。このセラーは、1815年に建設されたシャトー誕生200周年を記念して、世界的建築家であるノーマン・フォスター卿がヴィノテークと研究開発センターとともに手がけたものだ。
旧セラーの東に建てられた、新セラーの外観。タイル屋根が歴史との繋がりを感じさせ、周囲とも調和がとれた建築だ。 (c) Nigel Young_Foster + Partners
このワイナリーのリニューアルに際し、フォスター卿は、旧セラーにも使われているタイル屋根を新しいセラーにも再解釈して起用。一方、外装と内装には鉄とガラスという自身の特徴的な素材を多く用い、歴史に敬意をはらいつつ、現代的な建築構造と融合させることに成功した。

ワイン醸造の技術的要因に対応させたこの新セラーの完成により、シャトー・マルゴーは、メドック地区とグラーヴ地区のプルミエ グラン クリュ クラスのワインを毎年生産することが可能になった。
新セラーの中。現代のワイン醸造の技術的要件に対応した、現代的な構造が特徴。(c) Saison d Or Mathieu Anglada
2015年は〈シャトー・マルゴー〉で27年総支配人を務めたポール・ポンタリエがワインを監修した最後の年でもある。2005年、2009年、2010年に並ぶ最高のワインだと評されるヴィンテージの誕生と、シャトーの200周年を祝い、この年度限りとして誕生した新ボトル。テイストもデザインも最高峰の一本を、逃さないようにしたい。